Linux repositories inspector
CUPS
29 August 2008

manpages-ja

Japanese version of the manual pages (for users)

cups-bsd

Common UNIX Printing System(tm) - BSD commands

cups

Common UNIX Printing System(tm) - PPD/driver support, web interface

lprng

lpr/lpd printer spooling system

lpr

BSD lpr/lpd line printer spooling system

cups-client

Common UNIX Printing System(tm) - client programs (SysV)

名前

lpr - ファイルを印刷する

書式

lpr [ -E ] [ -H server[:port] ] [ -U username ] [ -P destination[/instance] ] [ -# num-copies [ -h ] [ -l ] [ -m ] [ -o option[=value] ] [ -p] [ -q ] [ -r ] [ -C/J/T title ] [ file(s) ]

説明

lpr は、ファイルを印刷に回す。コマンドラインで名前を指定されたファイルが、 同じく名前を指定されたプリンタに送られる (出力先のプリンタが指定されていない場合は、デフォルトの出力先に送られる)。 印刷するファイルがコマンドラインで指定されていない場合は、 印刷するファイルを標準入力から読み込む。

デフォルトの出力先

CUPS でデフォルトの出力先を設定するには、いろいろな方法がある。 まず最初に環境変数 "LPDEST" や "PRINTER" が参照される。 どちらも設定されていない場合は、lpoptions(1) コマンドで設定した現在のデフォルトが使われる。 それも設定されていない場合は、lpadmin(8) コマンドで設定したデフォルトが使用される。

オプション

lpr は以下のオプションを認識する。
-E サーバに接続するとき、必ず暗号化を行うようにする。
-H server[:port]
別のサーバを指定する。
-C "name"
-J "name"
-T "name"
ジョブに名前 (タイトル) を付ける。
-P destination[/instance]
ファイルの印刷にこの名前のプリンタを使う。
-U username
自分以外のユーザ名を指定する。
-# copies
印刷する枚数を指定する。枚数は 1 から 100 まで
-h バナーの印刷をしない。このオプションは "-o job-sheets=none" と同じである。
-l 「印刷するファイルは、出力先にふさわしいフォーマットにすでに変換されているので、フィルターを通さずに送るように」と指示する。 このオプションは "-o raw" と同じである。
-m ジョブが完了したら、E メールを送付する。
-o option[=value]
ジョブにオプションを指定する。
-p 「印刷するファイルを整形するとき、日付、時刻、ジョブ名、ページ番号の入った、背景色グレーのヘッダを付けるように」と指示する。 このオプションは "-o prettyprint" と同じであり、テキストファイルを印刷するときにしか役に立たない。
-q ジョブの印刷を保留にする。
-r 名前を指定したファイルを印刷完了後に消去する。

互換性

CUPS は "c", "d", "f", "g", "i", "n", "t", "v", "w" オプションをサポートしていない。使用すると、警告メッセージが出る。

関連項目

cancel(1), lp(1), lpadmin(8), lpoptions(1), lpq(1), lprm(1), lpstat(1),
http://localhost:631/help

COPYRIGHT

Copyright 2007-2011 by Apple Inc.
⇧ Top