Linux repositories inspector

rcsclean(1) - Japanese

GNU
1999/08/27

manpages-ja

Japanese version of the manual pages (for users)

man-pages-ja

Japanese man (manual) pages from the Japanese Manual Project

rcs

Revision Control System (RCS) file version management tools

名称

rcsclean - ワークファイルの後片付け

書式

rcsclean [options] [ file ... ]

解説

rcsclean は、RCS ファイルからチェックアウトされた後に変更を受けていない ワークファイルを削除します。 rcsclean -u は、対象となるワークファイルのロックを解除し、削除します。
file について rcsclean は、ワークファイルとそれに対応する RCS ファイルに格納されている リビジョンとを比較します。 違いが見つかった場合には何もしません。 違いが無い場合、 -u オプションが指定されていたら、まずそのリビジョンのロックを 解除します。 そして、 ワークファイルが書き込み可能でなくそのリビジョンがロックされて いないなら、ワークファイルを消去します。 rcsclean は、実行した処理の内容を rcs -urm -f コマンドを使って表現し、標準出力に表示します。
file を指定しなかった場合、カレントディレクトリにあるすべての ワークファイルを処理対象にします。 RCS の拡張子を持つパス名は、RCS ファイルを表しています。 その他のファイルはワークファイルを意味します。 ファイル名については、 ci(1) で詳しく説明されています。
ワークファイルと比較するリビジョン番号は、 -n, -q, -r, -u オプションのいずれかで指定することができます。 リビジョン番号を指定せず、 -u オプションが指定されていて、呼び出したユーザがロックしたリビジョンが 一つだけ存在すれば、 rcsclean はそのリビジョンを使用します。 それ以外の場合には、 rcsclean はデフォルト枝 (普通は幹) の最新リビジョンを使用します。
rcsclean を Makefile の中の clean ターゲットで用いると便利です。 rcsdiff(1) (差分の表示) や、 ci(1) (ワークファイルに変更が無い時、チェックインするかどうか確認する) のマニュアルも参照して下さい。

オプション

-ksubst 比較のためにリビジョンを取り出すときに、 subst で指定した方式でキーワード置換を行います。詳しくは co(1) を参照して下さい。
-n[rev] ファイルの消去やリビジョンのロック解除を行ないません。 このオプションによって、 rcsclean が何を実行しようとするかを、実際の動作を行なわずに知ることができます。
-q[rev] 処理の内容を標準出力に表示しません。
-r[rev] 比較対象のリビジョンの指定のみを行い、他には何の効果も与えません。
-T RCS ファイルがロックの解除により変更された場合でも、 RCS ファイルの変更時刻を保存します。 このオプションを使うことにより、RCS ファイルの中のワークファイルの コピーによって生ずる make(1) の依存関係に伴う必要以上の再コンパイルを防ぐことができます。 このオプションを使用する際には注意が必要です。本当に再コンパイルが必要な 場合にも再コンパイルされない場合が生じます。つまり、ロックの解除により 他のワークファイル中のキーワードの変更を意味する場合があるからです。
-u[rev] 違いが見つからなかったファイルがロックされているなら、 ロックを解除します。
-V RCS システムのバージョン番号を表示します。
-Vn RCS システムのバージョン n のエミュレーションを行います。 詳細は co(1) を参照してください。
-xsuffixes
suffixesRCS ファイル拡張子として指定します。 詳細は ci(1) を参照してください。
-zzone キーワードの置換の際、タイムゾーンとして zone を使用します。 詳細は co(1) を参照して下さい。

使用例

rcsclean *.c *.h
チェックアウトされてから変更されていない .c.h で終る名前のワークファイルをすべて削除します。
rcsclean
チェックアウトされてから変更されていない、 カレントディレクトリにあるすべてのワークファイルを削除します。

関連ファイル

rcsclean は、 ci(1) と同じファイルにアクセスします。

環境変数

RCSINIT
引数リストに前置されるオプションを空白で区切って指定します。 オプションの中に含まれる空白は、バックスラッシュでエスケープします。 RCSINIT オプションは、大部分の RCS コマンドの引数リストに前置されます。 -q, -V, -x, -z などを指定するのに有用です。

診断

すべての動作が成功した時にのみ、終了ステータス 0 を返します。 ワークファイルや RCS ファイルがなくても無視します。

作者

Author: Walter F. Tichy.
Manual Page Revision: 1.5; Release Date: 1999/08/27.
Copyright © 1982, 1988, 1989 by Walter F. Tichy.
Copyright © 1990, 1991, 1992, 1993 Paul Eggert.

関連項目

ci(1), co(1), ident(1), rcs(1), rcsdiff(1), rcsintro(1), rcsmerge(1), rlog(1), rcsfile(5)
Walter F. Tichy, RCS—A System for Version Control, Software—Practice & Experience 15, 7 (July 1985), 637-654.

バグ

ディレクトリ参照操作を持たない古いバージョンの UNIX では、 少なくとも一つの file を指定しなければなりません。
⇧ Top