Linux repositories inspector
Linux NetKit (0.17)
August 15, 1999

manpages-ja

Japanese version of the manual pages (for users)

man-pages-ja

Japanese man (manual) pages from the Japanese Manual Project

rsh

Clients for remote access commands (rsh, rlogin, and rcp)

inetutils

A collection of common network programs

名前

rlogin - リモートマシンにログインする

書式

rlogin [-8EKLdx] [-e char] [-k realm] [-l username] host

説明

rlogin はリモートホスト host 上でターミナルセッションを開始する。
rlogin は以下で説明する Kerberos 認証機構を最初に使おうとする。 リモートホストが Kerberos 認証をサポートしていない場合、 標準的な Berkeley rhosts 認証機構が使われる。 オプションは以下の通りである。
-8 -8 オプションを指定すると、常に 8 ビットの入力データパスが許可される。 このオプションが指定されない場合、 リモートサーバ側のストップ文字とスタート文字が ^S と ^Q 以外である場合を除き、パリティビットは除去される。
-E -E オプションを指定すると、 全ての文字がエスケープ文字として認識されないようになる。 -8 オプションとともに用いると、完全に透過な接続になる。
-K -K オプションは全ての Kerberos 認証をオフにする。
-L -L オプションにより rlogin セッションを ‘‘litout’’ モード (tty(4) を参照) で実行することが可能になる。
-d -d オプションは、リモートサーバとの通信に使われる TCP ソケットに対して ソケットデバッグ (setsockopt(2) を参照) をオンにする。
-e -e オプションによりユーザーはエスケープ文字を指定できる。 デフォルトではエスケープ文字は ‘‘~’’ である。 エスケープ文字の指定は、表示可能な文字でも、 \nnn という形式の 8 進数の値でもよい。
-k -k オプションにより、rlogin に krb_realmofhost(3) によって決定されるリモートホストの管理領域 (realm) ではなく、 realm で指定した管理領域におけるリモートホストのチケットを取得させる。
-x -x オプションにより、rlogin セッションを経由して渡される全てのデータを DES 暗号化させる。 これにより、応答時間と CPU 使用率に影響を及ぼすが、高いセキュリティが得られる。
‘‘<エスケープ文字>.’’ という形式の行を入力すると、 リモートホストとの接続を切断する。 同様に、‘‘<エスケープ文字>^Z’’ という行を入力すると、 rlogin セッションをサスペンドする。 また、‘‘<エスケープ文字><遅延サスペンド文字>’’ を入力すると、 rlogin の送信部分のみをサスペンドするが、リモートホストからの出力は受け付ける。 デフォルトでは、チルダ (‘‘~’’) 文字がエスケープ文字で、 通常は control-Y (‘‘^Y’’) が遅延サスペンド文字である。
(遅延を除き) rlogin を透過的にするために、全てのエコーはリモートサイトで行われる。 ^S/^Q によるフロー制御や割り込み発生時の入出力のフラッシュは正しく行われる。

Kerberos 認証

各ユーザは、ホームディレクトリにある .klogin ファイルに個人の認証リストを入れておくことができる。 このファイルの各行には principal.instance@realm という形式の Kerberos の principal 名がなければならない。 接続元のユーザーが .klogin にあるいずれかの principal 名で認証された場合、 そのアカウントに対してアクセスが許可される。 .klogin ファイルがない場合、 accountname.@localrealm を principal としてアクセスを許可する。 それ以外の場合は、 login(1) と同じように、login と password のプロンプトがリモートマシンに表示される。 いくつかのセキュリティ問題を避けるため、 .klogin ファイルはリモートユーザーの所有になっていなければならない。
Kerberos 認証が失敗した場合、警告メッセージが表示され、 代わりに標準的な Berkeley rlogin が使われる。

環境変数

以下の環境変数が rlogin で使われる。
TERM ユーザーの端末タイプを決定する。

関連項目

rsh(1), kerberos(3), krb_sendauth(3), krb_realmofhost(3)

履歴

rlogin コマンドは BSD 4.2 で登場した。

バグ

rlogin は近い将来 telnet(1) に置き換えられるだろう。
より多くの環境変数が引き継がれるべきである。

翻訳者謝辞

この man ページの翻訳にあたり、 FreeBSD jpman project <http://www.jp.freebsd.org/man-jp/> による翻訳を参考にさせていただいた。
⇧ Top