Linux repositories inspector
GNU coreutils

manpages-ja

Japanese version of the manual pages (for users)

man-pages-ja

Japanese man (manual) pages from the Japanese Manual Project

coreutils

The basic file, shell and text manipulation utilities of the GNU operating system

coreutils-common

coreutils common optional components

coreutils-doc

Documentation for the GNU Core Utilities

名前

sha512sum - SHA512 メッセージダイジェストの計算と照合を行う

書式

sha512sum [OPTION]... [FILE]...

説明

SHA512 (512-bit) チェックサムを表示または照合します。
ファイルの指定がなかったり、 - であった場合, 標準入力から読み込みます。
-b, --binary
バイナリモードで読み込む
-c, --check
FILE から SHA512 チェックサムを読み込み、照合する
--tag BSD 形式のチェックサムを作成する
-t, --text テキストモードで読み込む (デフォルト)

次の5 つのオプションはチェックサムを照合する場合にのみ有効です:

--ignore-missing
ファイルが存在しない場合に失敗もせずステータスも表示しない
--quiet ファイルのチェックサムの照合が成功したときに OK を表示しない
--status
何も出力しない。終了コードで結果を判別する
--strict
不正な形式のチェックサム行の場合に 0 以外のコードで終了する
-w, --warn チェックサム行の書式が不正な場合に警告を行う
--help この使い方を表示して終了する
--version
バージョン情報を表示して終了する
チェックサムは FIPS-180-2 に記載されている通りに計算されます。照合の際に、 入力はこのプログラムによって出力された形式でなければなりません。 デフォルトの動作では、各行は、チェックサム、入力モードを示す文字 (バイナリの場合は ’*’、テキストの場合やバイナリかどうかが重要でない場合は ’ ’、)、ファイル名で構成されます。
GNU coreutils のオンラインヘルプ: <http://www.gnu.org/software/coreutils/> sha512sum の翻訳に関するバグは <http://translationproject.org/team/ja.html> に連絡してください。 完全な文書は <http://www.gnu.org/software/coreutils/sha512sum> にあります。 ローカルでは info ’(coreutils) sha2 utilities’ で参照できます。

作者

作者 Ulrich Drepper、 Scott Miller、および David Madore。

著作権

Copyright © 2016 Free Software Foundation, Inc. ライセンス GPLv3+: GNU GPL version 3 or later <http://gnu.org/licenses/gpl.html>.
This is free software: you are free to change and redistribute it. There is NO WARRANTY, to the extent permitted by law.

関連項目

sha512sum の完全なマニュアルは Texinfo マニュアルとして整備されている。もし、 info および sha512sum のプログラムが正しくインストールされているならば、コマンド
info sha512sum
を使用すると完全なマニュアルを読むことができるはずだ。

REFERENCED BY

⇧ Top