Linux repositories inspector
Linux
2013-12-30

manpages-ja-dev

Japanese version of the manual pages (for developers)

man-pages-ja

Japanese man (manual) pages from the Japanese Manual Project

manpages-dev

Manual pages about using GNU/Linux for development

man-pages

Linux kernel and C library user-space interface documentation

名前

close - ファイルディスクリプターをクローズする

書式

#include <unistd.h>

int close(int fd);

説明

close() は、ファイルディスクリプターをクローズする。 そのディスクリプターは、どのファイルも参照していない状態になり、 再利用が可能になる。 そのファイルディスクリプターに関連づけられたファイルに かけられたレコードロック (fcntl(2) 参照) のうち、そのプロセスが保有しているものは、 (そのファイルディスクリプターがロック取得に利用されたか どうかによらず) すべて削除される。
fd が、対応するオープンファイル記述 (open file description) (open(2) 参照) を参照する最後のファイルディスクリプターだった場合、 オープンファイル記述に関連するリソースが解放される。 そのディスクリプターが、 unlink を使用して削除 (remove) されたファイルに対する最後の参照だった場合には、 そのファイルは削除 (delete) される。

返り値

close() は成功した場合は 0 を返す。 エラーが発生した場合は -1 を返して、 errno を適切に設定する。

エラー

EBADF fd が有効なオープンされたディスクリプターでない。
EINTR close() コールがシグナルにより中断 (interrupt) された。 signal(7) 参照。
EIO I/O エラーが発生した。

準拠

SVr4, 4.3BSD, POSIX.1-2001.

注意

close() の返り値のチェックはよく省略されるが、 これは深刻なプログラミングエラーである。 前の write(2) 処理に関するエラーが最後の close() のときになって初めて通知される場合がありうる。 ファイルクローズの際に返り値をチェックしないと、 気付かないうちにデータを失ってしまうかもしれない。 これは特に NFS やディスククォータを使用した場合に見られる。返り値は状態確認用にのみ利用すべき点に注意すること。特に、EINTR 後に close() を再度行うべきではない。なぜなら、これにより、別のスレッドが再利用したディスクリプターをクローズしてしまう可能性があるからだ。
クローズに成功しても、データがディスクに保存されたかどうかは 保証されない (カーネルが書きこみを遅延させることがあるためである)。 ストリームがクローズされるときにバッファーをフラッシュするかどうかは、 ファイルシステムによって異なる。 データが物理的に保存されることを保証する必要がある場合には、 fsync(2) を使用すること (fsync(3) を行った時点で、データの保存はディスクのハードウェアに依存する 問題となる)。
同じプロセス内の他のスレッドのシステムコールが使用している可能性がある間に、 ファイルディスクリプターをクローズするのは、おそらく賢明ではないだろう。 ファイルディスクリプターは再利用されるかもしれないので、 あいまいな競合条件となることがあり、意図しない副作用の原因となりうる。

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部 である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。
⇧ Top