Linux repositories inspector

epoll_create(2) - Japanese

Linux
2012-04-15
Aliases: epoll_create1(2), epoll_create1(2), epoll_create1(2), epoll_create1(2), epoll_create1(2), epoll_create1(2)

manpages-ja-dev

Japanese version of the manual pages (for developers)

man-pages-ja

Japanese man (manual) pages from the Japanese Manual Project

manpages-dev

Manual pages about using GNU/Linux for development

man-pages

Linux kernel and C library user-space interface documentation

名前

epoll_create, epoll_create1 - epoll ファイルディスクリプターをオープンする

書式

#include <sys/epoll.h>

int epoll_create(int size); int epoll_create1(int flags);

説明

epoll_create()は epoll(7) インスタンスを作成する。 Linux 2.6.8 以降では、size 引き数は無視されるが、 0 より大きな値で なければならない。下記の「注意」を参照。
epoll_create() は、新しい epoll インスタンスを参照するファイルディスクリプターを返す。 このファイルディスクリプターは、その後の epoll インターフェースの呼び出しに使われる。 もう必要でなくなった場合は、 epoll_create() で返されたファイルディスクリプターは close(2) を使ってクローズされるべきである。 ある epoll インスタンスを参照する全てのファイルディスクリプターがクローズされると、 カーネルはそのインスタンスを破壊して、対応するリソースを解放し、 再使用できるようにする。

epoll_create1()

epoll_create1() は、 flags が 0 の場合、現在では使われていない size 引き数がなくなっている点を除けば epoll_create() と同じである。 flags に以下の値をビット毎の論理和 (OR) で指定することで、 異なる動作をさせることができる。
EPOLL_CLOEXEC
新しいファイルディスクリプターに対して close-on-exec (FD_CLOEXEC) フラグをセットする。 このフラグが役に立つ理由については、 open(2)O_CLOEXEC フラグの説明を参照のこと。

返り値

成功すると、これらのシステムコールは 非負のファイルディスクリプターを返す。 エラーの場合、-1 を返し、 errno にエラーを示す値を設定する。

エラー

EINVAL size が正でない。
EINVAL (epoll_create1()) flags に無効な値が指定された。
EMFILE /proc/sys/fs/epoll/max_user_instances によって指定されている、epoll インスタンスのユーザー単位の制限に達した。 更なる詳細については epoll(7) を参照のこと。
ENFILE オープンされたファイルの総数がシステム制限に達した。
ENOMEM カーネルオブジェクトを作成するのに十分なメモリーがなかった。

バージョン

epoll_create() はカーネル 2.6 で追加された。 ライブラリによるサポートは glibc バージョン 2.3.2 以降で提供されている。
epoll_create1() はカーネル 2.6.27 で追加された。 ライブラリによるサポートは glibc バージョン 2.9 以降で提供されている。

準拠

epoll_create() は Linux 独自である。

注意

初期の epoll_create() の実装では、size 引き数は、呼び出し元が epoll インスタンスに追加しようとするファイルディスクリプター数をカーネルに教えるのに 使われていた。カーネルはこの情報をイベントの情報を格納する内部データ構造に最 初に割り当てる大きさを決める際のヒントとして使用していた (size で渡された ヒントよりも使用量が大きくなった場合には、必要に応じてカーネルは追加で領域を 割り当てる)。
現在では、このヒントはもはや必要なくなっている (カーネルはヒントなしで必要な データ構造のサイズを動的に変更する) が、今も size には 0 より大きい値を 指定しなければならない。これは、epoll を使うアプリケーションが古いカーネル で実行される際の後方互換性を保証するためである。

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部 である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。
⇧ Top