Linux repositories inspector
Linux
2014-09-21
Aliases: getppid(2), getppid(2), getppid(2), getppid(2), getppid(2), getppid(2), getppid(2), getppid(2), getppid(2), getppid(2), getppid(2), getppid(2)

manpages-ja-dev

Japanese version of the manual pages (for developers)

man-pages-ja

Japanese man (manual) pages from the Japanese Manual Project

manpages-dev

Manual pages about using GNU/Linux for development

man-pages

Linux kernel and C library user-space interface documentation

名前

getpid, getppid - プロセス ID を得る

書式

#include <sys/types.h>
#include <unistd.h>
pid_t getpid(void);
pid_t getppid(void);

説明

getpid() は呼び出し元のプロセスのプロセス ID を返す。(テンポラリ用のファイル名として 他と重ならない名前を生成するルーチンでしばしば使用される。)
getppid() は呼び出し元のプロセスの親プロセスのプロセス ID を返す。

エラー

これらの関数は常に成功する。

準拠

POSIX.1-2001, 4.3BSD, SVr4.

注意

glibc バージョン 2.3.4 以降では、 glibc の getpid() のラッパー関数は PID をキャッシュする。 これは、プロセスが繰り返し getpid() を呼び出した場合にその都度システムコールを呼ぶのを避けるためである。 通常は、このキャッシュ処理が見えることはないが、 キャッシュ処理が正しく働くためには fork(2), vfork(2), clone(2) のラッパー関数でのサポートが必要である。 アプリケーションがこれらのシステムコールを呼び出す際に、 glibc のラッパー関数を経由せずに syscall(2) を使った場合には、子プロセスで getpid() を呼び出すと間違った値が返ることだろう (正確にいうと、親プロセスの PID が返される)。 clone(2) を glibc のラッパー関数経由で起動した際にも getpid() が間違った値を返す場合があり、これに関する議論は clone(2) も参照してほしい。

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部 である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。
⇧ Top