Linux repositories inspector

migrate_pages(2) - Japanese

Linux
2012-08-01

manpages-ja-dev

Japanese version of the manual pages (for developers)

man-pages-ja

Japanese man (manual) pages from the Japanese Manual Project

manpages-dev

Manual pages about using GNU/Linux for development

man-pages

Linux kernel and C library user-space interface documentation

名前

migrate_pages - プロセスの全ページを別のノード集合に移動する

書式

#include <numaif.h>

long migrate_pages(int pid, unsigned long maxnode, const unsigned long *old_nodes, const unsigned long *new_nodes);
-lnuma とリンクする。

説明

MIGRATE_PAGES() は、メモリーノード old_nodes にあるプロセス pid の全ページを、メモリーノード new_nodes に移動しようとする。old_nodes で 指定されたメモリーノードに置かれていないページは移動されない。 カーネルは、 new_nodes への移動の際に、 old_nodes 内の相対的な トポロジー関係を可能な限り維持しようとする。
引き数 old_nodesnew_nodes は、最大で maxnode ビットから 構成されるノード番号のビットマスクへのポインターである。 各ビットマスクは符号なし long 整数の配列として管理される (maxnode で指定された長さを越えた部分のビットは無視される)。 引き数 maxnode は最大ノード番号であり、ビットマスクの長さに 1 を 加えた値となる (これは mbind(2) と同じだが、 select(2) とは違う)。
引き数 pid は、移動を行うページの所有者のプロセス ID である。 別のプロセスのページを移動するには、呼び出したプロセスが特権 (CAP_SYS_NICE) を持っているか、呼び出したプロセスの実ユーザー ID か 実効ユーザー ID がページ移動の対象プロセスの実ユーザー ID か saved-set ユーザー ID と一致していなければならない。pid が 0 の場合、 migrate_pages() は呼び出したプロセスのページを移動する。
別のプロセスと共有しているページは、呼び出したプロセスが CAP_SYS_NICE 特権を持っている場合にのみ移動される。

返り値

migrate_pages() は、移動できなかったページ数を返す (つまり、移動に成功した場合は返り値は 0 となる)。 エラーの場合、 -1 を返し、 errno にエラーを示す値を設定する。

エラー

EPERM pid で指定されたプロセスのページを移動するのに必要な特権 (CAP_SYS_NICE) がなかった。または、指定された対象ノードにアクセス するのに必要な権限 (CAP_SYS_NICE) がなかった。
ESRCH プロセス ID が pid のプロセスが見つからなかった。

バージョン

migrate_pages() システムコールは Linux 2.6.16 で初めて登場した。

準拠

このシステムコールは Linux 固有である。

注意

ライブラリによるサポートについては numa(7) を参照。
呼び出し元プロセスの CPU 集合で許可されているノード集合を取得するには、 MPOL_F_MEMS_ALLOWED フラグを付けて get_mempolicy(2) を使うこと。 この情報は、手動/自動に限らず CPU 集合の再構成によりいつでも 変更されることがある点に注意してほしい。
migrate_pages を使用すると、ページが置かれる場所 (ノード) が、指定 されたアドレスに対して設定されたメモリーポリシー (mbind(2) 参照) や 指定されたプロセスに対して設定されたメモリーポリシー (set_mempolicy(2) 参照) に違反する状況になる可能性がある。 すなわち、メモリーポリシーによる制約は migrate_pages() による移動先 ノードの選択には適用されないということである。
ヘッダーファイル <numaif.h> は glibc には含まれておらず、 libnuma-devel か同様のパッケージをインストールする必要がある。

関連項目

get_mempolicy(2), mbind(2), set_mempolicy(2), numa(3), numa_maps(5), cpuset(7), numa(7), migratepages(8), numastat(8)
Linux カーネルソースの Documentation/vm/page_migration

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部 である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。
⇧ Top