Linux repositories inspector

mq_getsetattr(2) - Japanese

Linux
2012-07-13

manpages-ja-dev

Japanese version of the manual pages (for developers)

man-pages-ja

Japanese man (manual) pages from the Japanese Manual Project

manpages-dev

Manual pages about using GNU/Linux for development

man-pages

Linux kernel and C library user-space interface documentation

名前

mq_getsetattr - メッセージキューの属性を設定/取得する

書式

#include <sys/types.h>
#include <mqueue.h>

int mq_getsetattr(mqd_t mqdes, struct mq_attr *newattr, struct mq_attr *oldattr);
: このシステムコールには glibc のラッパー関数は存在しない。「注意」の節を参照。

説明

このシステムコールを使用しないこと。
mq_getattr(3)mq_setattr(3) の実装に使用される低レベルのシステムコールである。 このシステムコールがどのように動作するかは mq_setattr(3) の説明を参照のこと。

準拠

このインターフェースは非標準である。使用を避けること。

注意

glibc はこのシステムコールに対するラッパー関数を提供していない。 syscall(2) を使って呼び出すこと。 (実のところ、C ライブラリを書いているのでない限り、 決してこのシステムコールを呼び出さないこと!)

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部 である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。
⇧ Top