Linux repositories inspector
Linux
2013-07-30

manpages-ja-dev

Japanese version of the manual pages (for developers)

man-pages-ja

Japanese man (manual) pages from the Japanese Manual Project

manpages-dev

Manual pages about using GNU/Linux for development

man-pages

Linux kernel and C library user-space interface documentation

名前

nanosleep - 高精度なスリープ

書式

#include <time.h>
int nanosleep(const struct timespec *req, struct timespec *rem);
glibc 向けの機能検査マクロの要件 (feature_test_macros(7) 参照):
nanosleep(): _POSIX_C_SOURCE >= 199309L

説明

nanosleep() は、少なくとも *req で指定された時間の間、プログラムの実行を遅延させる。 nanosleep() は、呼び出したスレッドの実行を、 少なくとも *req で指定された時間の間、もしくは呼び出したスレッドでハンドラーの起動の きっかけとなるシグナル、またはプロセスを終了させるシグナルの配送が 行われるまで一時停止する。
呼び出しがシグナルハンドラーにより割り込まれた場合、 nanosleep は -1 を返し、 errnoEINTR を設定し、 rem が NULL でなければ 残りの時間を rem が指す構造体に格納する。 *rem の値を使うと、 nanosleep() をもう一度呼び出して、指定した時間の停止を 完了させることができる (但し、「注意」の節を参照のこと)。
ナノ秒刻みの時間間隔を指定するのに timespec 構造体が使用される。この構造体は次のように定義されている。
struct timespec {
    time_t tv_sec;        /* 秒 */
    long   tv_nsec;       /* ナノ秒 */
};
ナノ秒のフィールドの値は 0 から 999999999 の範囲になければならない。
sleep(3)usleep(3) に比べると nanosleep() には以下のような利点がある: 停止期間の指定に関して高い時間分解能が提供されている。 シグナルと互いに影響を及ぼすことがないと POSIX.1 で明示的に規定されている。 シグナルハンドラーによって割り込まれた際に、停止を再開するのが より簡単にできる。

返り値

要求された期間の停止に成功した場合、 nanosleep() は 0 を返す。呼び出しがシグナルハンドラーにより割り込まれたり、 エラーが発生した場合は、-1 を返し、 errno にエラー内容を示す値を設定する。

エラー

EFAULT ユーザー空間からの情報のコピーで問題があった。
EINTR そのスレッドに配送されたシグナルにより停止が中断された。 スレッドが簡単に nanosleep() を再び呼び出して停止を続けることができるように、 残りの停止時間が *rem に格納される。
EINVAL tv_nsec フィールドの値が 0 から 999999999 の範囲でないか、 tv_sec の値が負であった。

準拠

POSIX.1-2001.

注意

req で指定された期間が、内部で使用されるクロックの粒度の倍数になっていない 場合、期間は一番近い倍数に切り上げられる。 また、停止が完了した後、CPU が呼び出し元のスレッドを再び実行できるように なるまでには遅延が入る。
シグナルによる割り込み後に繰り返し再開された場合、 nanosleep() の停止が相対的な期間であることは問題となることがある。 これは、呼び出しの割り込みから再開までの間の時間が原因で 停止が最終的に完了した際に時間にずれが発生するからである。 この問題は、絶対時刻が指定できる clock_nanosleep(2) を使うことで回避できる。
POSIX.1 は、 nanosleep() は CLOCK_REALTIME に対して時刻を計測するべきだと規定している。 しかしながら、Linux は CLOCK_MONOTONIC クロックを用いて時刻を計測している。 このことはおそらく問題にならないだろう。 なぜなら、POSIX.1 の clock_settime(2) の仕様には、 CLOCK_REALTIME の不連続な変化は nanosleep() に影響すべきではない、と書かれているからである。
clock_settime(2) 経由で CLOCK_REALTIME クロックの値を設定しても、 nanosleep() 関数などの CLOCK_REALTIME に基づくサービスにより相対的な期間だけ実行を停止するスレッドには影響はない。 結果として、クロック値が更新前か後かに関わらず、要求された相対的な時間が 経過すると満了することになる。

以前の動作

(例えば、時間が重要な意味を持つハードウェアを制御する場合など) より正確な停止を必要とするアプリケーションに対応するために、 nanosleep() は、マイクロ秒精度のビジーウェイトを利用することで、 2 ms 以下の停止を行うことができた。 但し、この機能を利用するには、呼び出し元のスレッドが SCHED_FIFOSCHED_RR といったリアルタイムポリシーの元でスケジューリングされている 必要があった。 この特別な拡張はカーネル 2.5.39 で削除された。したがって、 現在の 2.4 系列のカーネルにはこの機能が存在するが、 2.6系列のカーネルにはない。

バグ

Linux 2.4 では、 nanosleep() が (SIGTSTP などの) シグナルにより停止された場合、 nanosleep() の呼び出しは SIGCONT シグナルによるスレッドの再開後に EINTR エラーで失敗する。 システムコールがこの後で再スタートされた場合、 スレッドが停止状態にある間に経過した時間は 停止期間としてカウント「されない」。

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部 である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。
⇧ Top