Linux repositories inspector
Linux
2013-09-17

manpages-ja-dev

Japanese version of the manual pages (for developers)

man-pages-ja

Japanese man (manual) pages from the Japanese Manual Project

manpages-dev

Manual pages about using GNU/Linux for development

man-pages

Linux kernel and C library user-space interface documentation

名前

nfsservctl - カーネル nfs デーモンのためのインターフェース

書式

#include <linux/nfsd/syscall.h>

long nfsservctl(int cmd, struct nfsctl_arg *argp, union nfsctl_res *resp);

説明

注意: Linux 3.1 以降では、このシステムコールはもはや存在しない。
/*
 * nfsctl() によって理解されるコマンド
 */
#define NFSCTL_SVC          0    /* サーバープロセス */
#define NFSCTL_ADDCLIENT    1    /* NFS クライアントを追加 */
#define NFSCTL_DELCLIENT    2    /* NFS クライアンドを削除 */
#define NFSCTL_EXPORT       3    /* ファイルシステムのエクスポート */
#define NFSCTL_UNEXPORT     4    /* ファイルシステムのアンエクスポート */
#define NFSCTL_UGIDUPDATE   5    /* UID/GID マップの更新
                                    (Linux 2.4.x とそれ以前のみ) */
#define NFSCTL_GETFH        6    /* (mountd で使用される) fh の取得
                                    (Linux 2.4.x とそれ以前のみ) */

struct nfsctl_arg { int ca_version; /* safeguard */ union { struct nfsctl_svc u_svc; struct nfsctl_client u_client; struct nfsctl_export u_export; struct nfsctl_uidmap u_umap; struct nfsctl_fhparm u_getfh; unsigned int u_debug; } u; }
union nfsctl_res { struct knfs_fh cr_getfh; unsigned int cr_debug; };

返り値

成功した場合は 0 が返される。エラーの場合は -1 が返され、 errno が適切に設定される。

準拠

このコールは Linux 特有である。

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部 である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。

REFERENCED BY

⇧ Top