Linux repositories inspector

sched_get_priority_max(2) - Japanese

Linux
2014-05-12
Aliases: sched_get_priority_min(2), sched_get_priority_min(2), sched_get_priority_min(2), sched_get_priority_min(2), sched_get_priority_min(2), sched_get_priority_min(2), sched_get_priority_min(2), sched_get_priority_min(2), sched_get_priority_min(2), sched_get_priority_min(2)

manpages-ja-dev

Japanese version of the manual pages (for developers)

man-pages-ja

Japanese man (manual) pages from the Japanese Manual Project

manpages-dev

Manual pages about using GNU/Linux for development

man-pages

Linux kernel and C library user-space interface documentation

名前

sched_get_priority_max, sched_get_priority_min - 静的プライオリティの範囲を取得する

書式

#include <sched.h>
int sched_get_priority_max(int policy);
int sched_get_priority_min(int policy);

説明

sched_get_priority_max() はpolicy によって指定されたスケジューリングのアルゴリズムで 使用されるプライオリティの最大値を返す。 sched_get_priority_min() はpolicy によって指定されたスケジューリングのアルゴリズムで 使用されるプライオリティの最小値を返す。 サポートされる policy の値は SCHED_FIFOSCHED_RRSCHED_OTHERSCHED_BATCH, SCHED_IDLE, SCHED_DEADLINE である。これらのスケジューリング方針に関する詳細は sched(7) に書かれている。
数値的に大きなプライオリティ値を持つプロセスは小さな プライオリティ値を持つプロセスより前にスケジュールされる。 このため sched_get_priority_max() が返す値は sched_get_priority_min() が返す値よりも大きい。
Linux では、 ポリシー SCHED_FIFOSCHED_RR では 1 から 99 の範囲の静的プライオリティーを持ち、それ以外のポリシーでは プライオリティとして 0 を持つ。 それぞれの方針のスケジューリングプライオリティの範囲は 変更することができない。
スケジューリングプライオリティの範囲は他の POSIX システムと 異なっているかもしれない。それで、移植性(portable)のある アプリケーションでは仮想的な範囲を用い sched_get_priority_max() と sched_get_priority_min() で与えられた間隔にマップして使用することはいい考えである。 POSIX.1-2001 では SCHED_FIFOSCHED_RR における 最大値と最小値の間隔を少なくとも 32 にすることを要求している。
POSIX システムでは sched_get_priority_max() と sched_get_priority_min() は <unistd.h>_POSIX_PRIORITY_SCHEDULING が定義されている場合にのみ使用可能である。

返り値

成功した場合は sched_get_priority_max() と sched_get_priority_min() は指定されたスケジューリング方針のプライオリティの最大値/最小値を返す。 エラーの場合は -1 が返され、 errno が適切に設定される。

エラー

EINVAL 引き数 policy が定義されているスケジューリング方針と一致しない。

準拠

POSIX.1-2001.

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部 である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。
⇧ Top