Linux repositories inspector

sched_setattr(2) - Japanese

Linux
2014-10-02
Aliases: sched_getattr(2), sched_getattr(2), sched_getattr(2), sched_getattr(2), sched_getattr(2)

manpages-ja-dev

Japanese version of the manual pages (for developers)

man-pages-ja

Japanese man (manual) pages from the Japanese Manual Project

manpages-dev

Manual pages about using GNU/Linux for development

man-pages

Linux kernel and C library user-space interface documentation

名前

sched_setattr, sched_getattr - スケジューリングポリシーと属性の設定と取得を行なう

書式

#include <sched.h>

int sched_setattr(pid_t pid, const struct sched_attr *attr, unsigned int flags);
int sched_getattr(pid_t pid, const struct sched_attr *attr, unsigned int size, unsigned int flags);

説明

sched_setattr()

sched_setattr() システムコールは、 pid で指定された ID を持つスレッドのスケジューリングポリシーと関連する属性を設定する。 pid が 0 の場合、呼び出したスレッド自身のスケジューリングポリシーと属性が設定される。
現在のところ、 Linux では、 以下の「通常」の (つまり、リアルタイムではない) スケジューリングポリシーが、 policy に指定できる値としてサポートされている。
SCHED_OTHER 標準の、ラウンドロビンによる時分割型のスケジューリングポリシー。
SCHED_BATCH 「バッチ」形式でのプロセスの実行用。
SCHED_IDLE 「非常に」低い優先度で動作するバックグラウンドジョブ用。
どの実行可能スレッドを選択するかについて、より正確な制御を必要とする 時間の制約が厳しい特別なアプリケーション用として、 いろいろな「リアルタイム」ポリシーもサポートされている。 プロセスがこれらのポリシーをいつ使用できるかを決めるルールについては、sched(7) を参照。 policy には以下のリアルタイムポリシーを指定できる。
SCHED_FIFO ファーストイン、ファーストアウト型のポリシー。
SCHED_RR ラウンドロビン型のポリシー。
Linux では以下のポリシーも提供されている。
SCHED_DEADLINE デッドライン (応答期限) ベースのスケジューリングポリシー。詳細は sched(7) を参照。
attr 引き数は、 指定したスレッドの新しいスケジューリングポリシーと属性を定義した構造体へのポインターである。 この構造体は以下の形式である。
struct sched_attr {
    u32 size;              /* この構造体のサイズ */
    u32 sched_policy;      /* ポリシー (SCHED_*) */
    u64 sched_flags;       /* フラグ */
    s32 sched_nice;        /* nice 値 (SCHED_OTHER,
                              SCHED_BATCH) */
    u32 sched_priority;    /* 静的優先度 (SCHED_FIFO,
                              SCHED_RR) */
    /* 残りのフィールドは SCHED_DEADLINE 用である */
    u64 sched_runtime;
    u64 sched_deadline;
    u64 sched_period;
};
この構造体のフィールドは以下の通りである。
size このフィールドには、 構造体のバイト単位のサイズを設定する。 sizeof(struct sched_attr) を指定すればよい。 指定された構造体がカーネル構造体よりも小さい場合、 追加となるフィールドは 0 とみなされる。 指定された構造体がカーネル構造体よりも大きい場合、 カーネルは追加のフィールドが 0 であるかを検査する。 0 でない場合は sched_setattr() はエラー E2BIG で失敗するので、 size をカーネル構造体のサイズに更新する必要がある。
ユーザー空間の sched_attr 構造体のサイズがカーネル構造体のサイズと一致しなかった場合の上記の動作は、 このインターフェースを将来拡張できるようにするためである。 サイズが大きい構造体を渡す行儀の良くないアプリケーションも、 将来カーネルの sched_attr 構造体のサイズが大きくなったとしてもおかしくならない。 この仕組みにより、 将来的には、 大きなユーザー空間 sched_attr 構造体があることを知っているアプリケーションで、 大きいサイズの構造体に対応していない古いカーネル上で動作しているかを判定することができる。
sched_policy
このフィールドはスケジューリングポリシーを指定する。 上記のリストにある SCHED_* 値のいずれかを指定する。
sched_flags
このフィールドはスケジューリング動作の制御を行う。 現在のところ、サポートされているフラグは SCHED_FLAG_RESET_ON_FORK の一つだけである。 このフラグが指定されると、 fork(2) で作成された子プロセスは特権が必要なスケジューリングポリシーを継承しない。 詳細は sched(7) を参照。
sched_nice
このフィールドは、 sched_policySCHED_OTHERSCHED_BATCH が指定された場合に設定される nice 値を指定する。 nice 値は -20 (高優先度) から +19 (低優先度) の範囲の数値である。 setpriority(2) を参照。
sched_priority
このフィールドは、 sched_policySCHED_FIFOSCHED_RR が指定された場合に設定される静的優先度を指定する。 これらのポリシーで指定できる優先度の範囲は、 sched_get_priority_min(2)sched_get_priority_max(2) を使って判定できる。 他のポリシーでは、 このフィールドには 0 を指定しなければならない。
sched_runtime
このフィールドは、 デッドラインスケジューリングの "Runtime" パラメーターを指定する。 この値はナノ秒単位で表現される。 このフィールドと次の 2 つのフィールドは SCHED_DEADLINE スケジューリングにおいてのみ使用される。 詳細は sched(7) を参照。
sched_deadline
このフィールドは、 デッドラインスケジューリングの "Deadline" パラメーターを指定する。 この値はナノ秒単位で表現される。
sched_period
このフィールドは、 デッドラインスケジューリングの "Period" パラメーターを指定する。 この値はナノ秒単位で表現される。
flags 引き数は、このインターフェースの将来の拡張のために用意されている。 現在の実装では 0 を指定しなければならない。

sched_getattr()

sched_getattr() システムコールは、 pid で指定された ID を持つスレッドのスケジューリングポリシーと関連する属性を取得する。 pid が 0 の場合、呼び出したスレッド自身のスケジューリングポリシーと関連する属性を取得する。
size 引き数には、 ユーザー空間での sched_attr 構造体の大きさを設定する。 この値は、 少なくとも初期バージョンの sched_attr 構造体のサイズでなければならない。 そうでなかった場合、 エラー EINVAL で呼び出しが失敗する。
取得したスケジューリング属性は、 attr が指す sched_attr 構造体の各フィールドに格納される。 カーネルは attr.sizesched_attr 構造体のサイズを設定する。
呼び出し側が提供した attr バッファーがカーネルの sched_attr 構造体よりも大きい場合、 ユーザー空間構造体の残りのバイトは変更されない。 呼び出し側が提供した構造体がカーネルの sched_attr 構造体よりも小さく、 カーネルが値を返すのにもっと大きな空間が必要な場合、 sched_getattr() はエラー E2BIG で失敗する。 sched_setattr() と同様、 この動作はこのインターフェースの将来の拡張性を考慮してのものである。
flags 引き数は、このインターフェースの将来の拡張のために用意されている。 現在の実装では 0 を指定しなければならない。

返り値

成功した場合は sched_setattr() と sched_getattr() は 0 を返す。 エラーの場合は -1 が返され、 エラーの原因を示す値が errno に設定される。

エラー

sched_getattr() と sched_setattr() の両方が以下の理由で失敗する。
EINVAL attr が NULL である。 pid が負である。 flags が 0 以外である。
ESRCH ID が pid のスレッドが見つからなかった。
さらに、 sched_getattr() は以下の理由でも失敗する。
E2BIG sizeattr で指定されたバッファーが小さすぎる。
EINVAL size が無効である。つまり、 最初のバージョンの sched_attr 構造体 (48 バイト) よりも小さいか、 システムのページサイズよりも大きい。
さらに、 sched_setattr() は以下の理由でも失敗する。
E2BIG sizeattr で指定されたバッファーがカーネル構造体よりも大きく、 一つ以上の超過バイトが 0 でなかった。
EBUSY SCHED_DEADLINE の流入制御の失敗については sched(7) を参照。
EINVAL attr.sched_policy が認識できるポリシーではない。 attr.sched_flagsSCHED_FLAG_RESET_ON_FORK 以外のフラグが含まれている。 attr.sched_priority が無効である。 attr.sched_policySCHED_DEADLINE で、 attr に指定されたデッドラインスケジューリングパラメーターが無効である。
EPERM 呼び出した元が適切な特権を持っていない。
EPERM 呼び出し元の CPU affinity マスクにシステムの全ての CPU のうち含まれていないものがある (sched_setaffinity(2) を参照)。

バージョン

これらのシステムコールは Linux 3.14 で初めて登場した。

準拠

これらのシステムコールは非標準の Linux による拡張である。

注意

sched_setattr() は、sched_setscheduler(2), sched_setparam(2), nice(2) の機能および setpriority の一部機能を持つ (ただし、setpriority(2) の、指定されたユーザーに所属するすべてのプロセスまたは指定されたグループのすべてのプロセスの優先度を設定する機能は除く)。 同様に、 sched_getattr() は sched_getscheduler(2), sched_getparam(2) の機能および getpriority(2) の一部機能を持つ。

バグ

バージョン 3.15 までの Linux では、 sched_settattr() は、 エラーの節に書かれている E2BIG の場合にエラーEFAULT で失敗していた。

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部 である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。
⇧ Top