Linux repositories inspector
Linux
2014-05-11
Aliases: sched_getparam(2), sched_getparam(2), sched_getparam(2), sched_getparam(2), sched_getparam(2), sched_getparam(2), sched_getparam(2), sched_getparam(2), sched_getparam(2), sched_getparam(2)

manpages-ja-dev

Japanese version of the manual pages (for developers)

man-pages-ja

Japanese man (manual) pages from the Japanese Manual Project

manpages-dev

Manual pages about using GNU/Linux for development

man-pages

Linux kernel and C library user-space interface documentation

名前

sched_setparam, sched_getparam - スケジューリングパラメーターの設定と取得を行なう

書式

#include <sched.h>

int sched_setparam(pid_t pid, const struct sched_param *param);
int sched_getparam(pid_t pid, struct sched_param *param);
struct sched_param { ... int sched_priority; ... };

説明

sched_setparam() は pid で指定されたプロセスのスケジューリング方針 (scheduling policy) に 関連するスケジューリングパラメーターを設定する。 pid が 0 ならば、呼び出し元のプロセスのパラメーターが設定される。 引き数 param の解釈は、 pid で指定されたプロセスのスケジューリング方針によって異なる。 Linux でサポートされているスケジューリング方針の説明は sched(7) を参照のこと。
sched_getparam() は pid で指定されたプロセスのスケジューリングパラメーターを取得する。 pid が 0 ならば、呼び出し元のプロセスのパラメーターを取得する。
sched_setparam() はスレッドのスケジューリング方針における param の妥当性をチェックする。 param->sched_priority の値は sched_get_priority_min(2)sched_get_priority_max(2) の範囲に入っていなければならない。
スケジューリングの優先度と方針に関連する特権とリソース制限の 議論に関しては sched(7) を参照のこと。
sched_setparam() と sched_getparam() が使用できる POSIX システムでは、 <unistd.h>_POSIX_PRIORITY_SCHEDULING が定義されている。

返り値

成功した場合は sched_setparam() と sched_getparam() は 0 を返す。 エラーの場合は -1 が返され、 errno が適切に設定される。

エラー

EINVAL 無効な引き数: param が NULL である、または pid が負である。
EINVAL (sched_setparam()) 引き数 param が現在のスケジューリング方針においては 無意味である。
EPERM (sched_setparam()) 呼び出し元のプロセスが適切な特権を持っていない (Linux では、 CAP_SYS_NICE ケーパビリティを持っていない)。
ESRCH プロセス ID pid のプロセスが見つからなかった。

準拠

POSIX.1-2001.

注意

Linux では、スケジューリングパラメーターは実際にはスレッド単位の属性である。 sched(7) 参照。

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部 である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。
⇧ Top