Linux repositories inspector

set_mempolicy(2) - Japanese

Linux
2014-05-28

manpages-ja-dev

Japanese version of the manual pages (for developers)

man-pages-ja

Japanese man (manual) pages from the Japanese Manual Project

manpages-dev

Manual pages about using GNU/Linux for development

man-pages

Linux kernel and C library user-space interface documentation

名前

set_mempolicy - プロセスとその子プロセスの NUMA メモリーの デフォルトポリシーを設定する

書式

#include <numaif.h>

long set_mempolicy(int mode, const unsigned long *nodemask, unsigned long maxnode);
-lnuma でリンクする。

説明

set_mempolicy() は、呼び出し元プロセスの NUMA ポリシーを policy に設定する。 NUMA ポリシーはポリシーモードと 0 個以上のノードから構成され、 設定内容は引き数 mode, nodemask, maxnode により指定される。
NUMA (非対称メモリーアクセス) マシンでは、CPU により メモリーコントローラーが異なり、距離も異なっている。 メモリーポリシーは、どのノードからメモリーをそのプロセスに 割り当てるかを定めるものである。
set_mempolicy() は、プロセスのデフォルトポリシーを定める。 プロセスのポリシーは、 mbind(2) で設定される特定のポリシーにより制御されるメモリー領域以外の プロセスのアドレス空間におけるページの割り当てに適用される。 プロセスのデフォルトポリシーは、 MAP_PRIVATE フラグを指定した mmap(2) を使ってマップされたメモリーマップファイルに対する読み出し専用 (ロードされるだけ) のページの割り当てにも適用される。 また、 MAP_SHARED フラグを指定した mmap(2) を使ってマップされたメモリーマップファイルに対するページの割り当てにも 適用される (この場合はページのアクセス種別に関わらず適用される) 。 設定したポリシーは、プロセスに新規のページが割り当てられるときにのみ 適用される。無名メモリー (anonymous memory) の場合、新規ページの割り当ては アプリケーションが初めてページにアクセスした際に行われる。
mode 引き数には MPOL_DEFAULT, MPOL_BIND, MPOL_INTERLEAVE, MPOL_PREFERRED のいずれか一つを指定してしなければならない。 MPOL_DEFAULT 以外のポリシーの場合、呼び出し元は nodemask 引き数で一つ以上のノードを指定する必要がある。
mode 引き数には、追加で モードフラグ を含めることもできる。 サポートされている モードフラグ は以下の通りである。
MPOL_F_STATIC_NODES (Linux 2.6.26 以降)
空でない nodemask は、物理ノード ID である。 Linux では、そのプロセスが異なる CPU 集合コンテキスト (cpuset context) に移動した場合でも、そのプロセスの現在の CPU 集合コンテキストで 許可されているノード集合が変化した場合でも、 nodemask をマッピングし直すことはない。
MPOL_F_RELATIVE_NODES (Linux 2.6.26 以降)
空でない nodemask は、そのプロセスの現在の CPU 集合で許可されているノード ID 集合 における相対的なノード ID である。
nodemask は、最大で maxnode ビットから構成されるノード ID のビットマスクを指す。 ビットマスクの大きさは、直近の sizeof(unsigned long) の倍数に切り上げられるが、カーネルが使用するのは maxnode 個までのビットだけである。 NULL 値の nodemask もしくは値が 0 の maxnode はノードの空集合を表す。 maxnode の値が 0 の場合、 nodemask 引き数は無視される。
nodemask が必須の場面では、 nodemask に、オンラインで、そのプロセスの現在の CPU 集合コンテキストで 許可されており (MPOL_F_STATIC_NODES モードフラグが指定されていない場合)、メモリーがあるノードが 少なくとも一つ入っていなければならない。 modeMPOL_F_STATIC_NODES がセットされ、 nodemask が必須の場面で、 nodemask に、そのプロセスの現在の CPU 集合コンテキストで許可されたノードが 一つも含まれていない場合には、メモリーのポリシーとしてデフォルトの 「ローカルから割り当て (local allocation)」が適用される。 そのプロセスの CPU 集合コンテキストが nodemask で指定されたノードを少なくとも一つ含むようになるまでは、 結果的に指定された動作が上書きされることになる。
MPOL_DEFAULT モードは、デフォルトではないプロセスのメモリーポリシーを削除することを 指定するものである。これにより、メモリーポリシーはシステムの デフォルトポリシーに「戻る」ことになる。 システムのデフォルトポリシーは「ローカルからの割り当て (local allocation)」、 つまりメモリー割り当てのきっかけとなった CPU のノードのメモリーが割り当てられる。 nodemask には NULL を指定しなければならない。 「自ノード (local node)」に空きメモリーが全くない場合、システムは 「近くの (near by) ノード」からメモリーを割り当てようと試みる。
MPOL_BIND モードは厳密なポリシーで、メモリー割り当ては nodemask に指定されたノードに限定される。 nodemask に 2 個以上のノードが指定された場合、ページの割り当ては ノード ID が数字として最小のノードから開始され、 そのノードに空きメモリーがなくなるまでそのノードから ページ割り当てが行われる。そのノードに空きメモリーがなくなったら、 次に小さなノード ID を持つノードからページ割り当てが行われる。 これを、 nodemask で指定された全てのノードで空きメモリーがなくなるまで繰り返す。 nodemask で指定された以外のノードからはページの割り当ては行われない。
MPOL_INTERLEAVE では、ページ割り当てを nodemask に指定されたノードの間でノード ID の数字順で交互に行う。 このポリシーでは、複数のノードにページを広げて配置し、これらのページへのメモリー アクセスを分散することで、遅延ではなく、帯域を最適化する。 ただし、一つのページへのアクセスに関しては依然として一つのノードのメモリー帯域 が上限となる。
MPOL_PREFERRED は、割り当て時に優先されるノード (preferred node) を設定する。 カーネルはまず優先ノードからページ割り当てを行おうとし、 優先ノードに空きメモリーが少ない場合に「近くの (near by)」ノードから 割り当てを行う。 nodemask に複数のノード ID が指定された場合は、 nodemask 内の最初のノードが優先ノードとして選択される。 引き数 nodemask, maxnode で空集合が指定された場合は、ポリシーは (上述のシステムの デフォルトポリシーと同様に) 「ローカルからの割り当て」となる。
プロセスのメモリーポリシーは execve(2) の前後で保持され、 fork(2)clone(2) を使って作成された子プロセスに継承される。

返り値

成功すると、 set_mempolicy() は 0 を返す。エラーの場合、-1 を返し、 errno にエラーを示す値を設定する。

エラー

EFAULT nodemaskmaxnode で指定されたメモリー領域の一部または全部が、 呼び出し元がアクセス可能なアドレス空間外を指している。
EINVAL mode が不正である。 modeMPOL_DEFAULT で、 nodemask が空ではない。 modeMPOL_BINDMPOL_INTERLEAVE で、 nodemask が空である。 maxnode で実際に意味があるビット数より多くのビット数が指定された。 nodemask に、サポートされている最大ノード ID より大きいノードが指定された。 nodemask に、オンラインで、かつそのプロセスの現在の CPU 集合コンテキストで 許可されているノードが一つも含まれていないか、 メモリーを含むノードが一つも指定されていない。 mode 引き数に MPOL_F_STATIC_NODESMPOL_F_RELATIVE_NODES の両方が指定された。
ENOMEM 利用可能なカーネルメモリーが十分でなかった。

バージョン

set_mempolicy() システムコールはバージョン 2.6.7 で Linux カーネルに追加された。

準拠

このシステムコールは Linux 固有である。

注意

ページがスワップアウトされる場合には、 プロセスポリシーの設定は推奨されない。 スワップアウトされたページがページインする際にも、 ページ割り当て時に適用されるプロセスポリシーやメモリー領域ポリシーが 使用される。
ライブラリによるサポートについては numa(7) を参照。

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部 である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。
⇧ Top