Linux repositories inspector

spu_run(2) - Japanese

Linux
2012-08-05

manpages-ja-dev

Japanese version of the manual pages (for developers)

man-pages-ja

Japanese man (manual) pages from the Japanese Manual Project

manpages-dev

Manual pages about using GNU/Linux for development

man-pages

Linux kernel and C library user-space interface documentation

名前

spu_run - SPU コンテキストを実行する

書式

#include <sys/spu.h>

int spu_run(int fd, unsigned int *npc, unsigned int *event);
: このシステムコールには glibc のラッパー関数は存在しない。「注意」の節を参照。

説明

spu_run() システムコールは、Cell Broadband Engine アーキテクチャーを実装した PowerPC マシンで Synergistic Processor Units (SPU) にアクセスするために 使用される。 fd 引き数は、 spu_create(2) が返すファイルディスクリプターで、 特定の SPU コンテキストを参照する。 そのコンテキストが物理 SPU に割り当てられると、 npc で渡された命令ポインター (instruction pointer) から実行が開始される。
SPU コードの実行は同期的 (synchronously) に行われる、つまり SPU が実行中は spu_run() は停止 (block) する。 SPU コードの実行をメイン CPU や他の SPU と並行して行う必要がある場合は、 最初に、その SPU コードを実行する新しいスレッドを、(例えば pthread_create(3) などを使って) 生成しなければならない。
spu_run() が返るときには、SPU のプログラムカウンターの現在値が npc に書き込まれる。 これにより、連続する spu_run() の呼び出しで同じ npc ポインターを使うことができる。
event 引き数には、拡張ステータスコード用のバッファーを指定する。 SPU_CREATE_EVENTS_ENABLED フラグ付きで SPU コンテキストが作成されると、 spu_run() が返る前に Linux カーネルによりこのバッファーに 拡張ステータスコードが格納される。
ステータスコードには以下の定数が一つ以上入る。
SPE_EVENT_DMA_ALIGNMENT
DMA (direct memory access) のアライメントエラーが発生した。
SPE_EVENT_INVALID_DMA
無効な MFC (Memory Flow Controller) DMA コマンドを行おうとした。
SPE_EVENT_SPE_DATA_STORAGE
DMA ストレージエラーが発生した。
SPE_EVENT_SPE_ERROR
不正な命令が実行された。
NULL は event 引き数として有効な値である。 この場合、イベントは呼び出し元のプロセスに報告されない。

返り値

成功すると、 spu_run() は spu_status レジスターの値を返す。 エラーの場合、-1 を返し、 errno を下記のエラーコードのいずれかに設定する。
spu_status レジスターの値は、ステータスコードと SPU の stop-and-signal 命令が返す 14 ビットのコードの ビットマスクで構成される。 後者の 14 ビットのコードはオプションである。 ステータスコードのビットマスクは下記の通りである。
0x02 SPU が stop-and-signal 命令で停止した。
0x04 SPU が halt (停止) 命令で止まった。
0x08 SPU はチャンネルのウェイト中である。
0x10 SPU はシングルステップモードであった。
0x20 SPU が不正な命令を実行しようとした。
0x40 SPU が不正なチャンネルにアクセスしようとした。
0x3fff0000
この値のマスクを適用して得られたビット値には、 stop-and-signal 命令から返されたコードが入っている。 これらのビットは 0x02 ビットがセットされている場合にのみ有効である。
spu_run() がエラーを返さなかった場合、下位 8 ビットのうち 1 つ以上は 常にセットされる。

エラー

EBADF fd が有効なファイルディスクリプターでない。
EFAULT npc が有効なポインターでない。または event が NULL 以外で、しかも無効なポインターである。
EINTR spu_run() の実行中にシグナルが発生した。 signal(7) 参照。 必要であれば、 npc の値は新しいプログラムカウンターの値に更新される。
EINVAL fdspu_create(2) が返した有効なファイルディスクリプターでない。
ENOMEM Memory Flow Controller (MFC) DMA により発生したページフォールトを 処理するのに必要なメモリーがなかった。
ENOSYS 機能が動作中のシステムで提供されていない。理由は、 ハードウェアで SPU が提供されていないか、 spufs モジュールがロードされていないか、のどちらかである。

バージョン

spu_run() システムコールはカーネル 2.6.16 で Linux に追加された。

準拠

このシステムコールは Linux 固有であり、 PowerPC アーキテクチャーでのみ実装されている。 このシステムコールを使ったプログラムは移植性がない。

注意

glibc はこのシステムコールに対するラッパー関数を提供していない。 syscall(2) を使うこと。ただし、 spu_run() は より抽象度の高い SPU へのインターフェースを実装するライブラリから 利用されることを意図したものであり、通常のアプリケーションから 使用は意図されていない。推奨のライブラリについては を参照のこと。

以下は、簡単な 1 命令の SPU プログラムを spu_run() システムコールを使って実行させる例である。
#include <stdlib.h>
#include <stdint.h>
#include <unistd.h>
#include <stdio.h>
#include <sys/types.h>
#include <fcntl.h>

#define handle_error(msg) \ do { perror(msg); exit(EXIT_FAILURE); } while (0)
int main(void) { int context, fd, spu_status; uint32_t instruction, npc;
context = spu_create("/spu/example-context", 0, 0755); if (context == -1) handle_error("spu_create");
/* write a \(aqstop 0x1234\(aq instruction to the SPU\(aqs * local store memory */ instruction = 0x00001234;
fd = open("/spu/example-context/mem", O_RDWR); if (fd == -1) handle_error("open"); write(fd, &instruction, sizeof(instruction));
/* set npc to the starting instruction address of the * SPU program. Since we wrote the instruction at the * start of the mem file, the entry point will be 0x0 */ npc = 0;
spu_status = spu_run(context, &npc, NULL); if (spu_status == -1) handle_error("open");
/* we should see a status code of 0x1234002: * 0x00000002 (spu was stopped due to stop-and-signal) * | 0x12340000 (the stop-and-signal code) */ printf("SPU Status: 0x%08x\n", spu_status);
exit(EXIT_SUCCESS); }

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部 である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。

REFERENCED BY

⇧ Top