Linux repositories inspector
GNU
2014-06-13
Aliases: dirname(3), dirname(3), dirname(3), dirname(3), dirname(3), dirname(3), dirname(3), dirname(3), dirname(3), dirname(3)

manpages-ja-dev

Japanese version of the manual pages (for developers)

man-pages-ja

Japanese man (manual) pages from the Japanese Manual Project

manpages-dev

Manual pages about using GNU/Linux for development

man-pages

Linux kernel and C library user-space interface documentation

名前

basename, dirname - パス名を解析して各部分を取り出す

書式

#include <libgen.h>

char *dirname(char *path);
char *basename(char *path);

説明

警告: basename() には異なるバージョンが 2つ存在する。下記の「注意」の節を参照のこと。
dirname() と basename() は、ヌルで終端されたパス名の文字列を、 ディレクトリ部分・ファイル名部分に分割する。 通常は、 dirname() は最後の \(aq/\(aq までの部分 (最後の \(aq/\(aq は含まない) を返し、 basename() は最後の \(aq/\(aq 以降の部分を返す。 文字列の末尾についた \(aq/\(aq 文字は、パス名の一部とはみなされない。
path に ’/’ 文字がない場合は、 dirname() は文字列 "." を返し、 basename() は path と同じ内容を返す。 path が文字列 "/" に等しい場合は、 dirname() も basename() も文字列 "/" を返す。 path が ヌルポインターだったり、空の文字列を指していた場合は、 dirname() も basename() も文字列 "." を返す。
dirname() の返した文字列、 "/"、 basename() の返した文字列、 を順に結合すると、完全なパス名が得られる。
dirname() と basename() は、いずれも path の内容を変更することがある。 したがって、これらの関数を呼び出す際には コピーを渡すのが望ましい。
これらの関数は、静的に割り当てられたメモリーへのポインターを返すことがあり、 これらの領域は後の関数呼び出しで上書きされるかもしれない。 また、これらの関数は path の一部分を指すポインターを返すこともある。そのため、 path で参照される文字列は、関数が返すポインターが不要になるまでは 変更したり free したりすべきではない。
以下の一連の例 (SUSv2 から引用) は、 いろいろな path に対して dirname() と basename() が返す文字列を表したものである。
path dirname basename
/usr/lib /usr lib
/usr/ / usr
usr . usr
/ / /
. . .
.. . ..

返り値

dirname() と basename() は、いずれもヌルで終端された文字列へのポインターを返す。 (これらのポインターを free(3) に渡さないこと。)

属性

マルチスレッディング (pthreads(7) 参照)

関数 basename() と dirname() 関数はスレッドセーフである。

準拠

POSIX.1-2001.

注意

basename() には 2種類の異なるバージョンがある。 一つはすでに説明した POSIX バージョンであり、 もう一つは GNU バージョンである。 GNU バージョンを使用するには以下のようにする。

#define _GNU_SOURCE /* feature_test_macros(7) 参照 */
#include <string.h>
GNU バージョンは引き数を変更することはなく、 path の末尾が ’/’の場合は空の文字列を返す。 特に path が "/" の場合も空文字列を返す。 dirname() には GNU バージョンはない。
glibc では、 <libgen.h> をインクルードすると POSIX バージョンの basename() が使用され、それ以外の場合は GNU バージョンとなる。

バグ

glibc の POSIX バージョンの実装では、引き数の内容が変更され、 引き数に ("/usr/" などの) 定数文字列を指定されると セグメンテーションフォールトを起こす。 バージョン 2.2.1 以前の glibc では、 glibc の dirname() は末尾が \(aq/\(aq 文字になっているパス名を正しく扱えず、 引き数が NULL だとセグメンテーションフォールトを起こした。

char *dirc, *basec, *bname, *dname;
char *path = "/etc/passwd";

dirc = strdup(path); basec = strdup(path); dname = dirname(dirc); bname = basename(basec); printf("dirname=%s, basename=%s\n", dname, bname);

関連項目

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部 である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。
⇧ Top