Linux repositories inspector
2013-06-21

manpages-ja-dev

Japanese version of the manual pages (for developers)

man-pages-ja

Japanese man (manual) pages from the Japanese Manual Project

manpages-dev

Manual pages about using GNU/Linux for development

man-pages

Linux kernel and C library user-space interface documentation

名前

bindresvport - ソケットを特権 IP ポートにバインドする

書式

#include <sys/types.h>
#include <netinet/in.h>

int bindresvport(int sockfd, struct sockaddr_in *sin);

説明

bindresvport() は、ソケットディスクリプターを特権無名 (privileged anonymous) IP ポートに バインドするのに使う。特権無名 IP ポートとは、 ポート番号が 512 から 1023 の範囲から任意に選択されるポートである。
bindresvport() によって実行された bind(2) が成功し、 sin が NULL 以外の場合、実際に割り当てられたポート番号が sin->sin_port に入れて返される。
sin には NULL を指定することもでき、その場合には sin->sin_family は暗黙のうちに AF_INET とみなされる。 しかし、この場合には、 bindresvport() は実際に割り当てられたポート番号を返す手段を持たない (割り当てられたポート番号は、後で getsockname(2) を使って取得できる)。

返り値

bindresvport() は成功すると 0 を返す。それ以外の場合、-1 を返し、 errno にエラーの原因を示す値を設定する。

エラー

bindresvport() は bind(2) と同じ原因で失敗する可能性がある。 さらに、以下のエラーが発生することがある:
EACCES 呼び出し元がスーパーユーザーの特権を持っていなかった (より正確に言うと、 CAP_NET_BIND_SERVICE ケーパビリティが必要である)。
EADDRINUSE
全ての特権ポートが使用中である。
EAFNOSUPPORT (glibc 2.7 以前では EPFNOSUPPORT)
sin が NULL 以外で、かつ sin->sin_familyAF_INET でなかった。

属性

マルチスレッディング (pthreads(7) 参照)

glibc 2.17 より前のバージョンでは、 bindresvport() 関数は保護されていない静的変数を使用しているため、スレッドセーフではない。
glibc 2.17 以降では、 bindresvport() 関数は静的変数を保護するロックを使っており、スレッドセーフである。

準拠

POSIX.1-2001 にはない。 BSD, Solaris およびその他の多くのシステムに存在する。

注意

bindresvport() のいくつかの実装と異なり、glibc の実装では呼び出し元が sin->sin_port で渡した値はどんな値であっても無視される。

関連項目

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部 である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。
⇧ Top