Linux repositories inspector
GNU
2014-03-20

manpages-ja-dev

Japanese version of the manual pages (for developers)

man-pages-ja

Japanese man (manual) pages from the Japanese Manual Project

manpages-dev

Manual pages about using GNU/Linux for development

man-pages

Linux kernel and C library user-space interface documentation

名前

confstr - コンフィグレーションに依存した文字列変数の取得

書式

#include <unistd.h>

size_t confstr(int name, char *buf, size_t len);
glibc 向けの機能検査マクロの要件 (feature_test_macros(7) 参照):
confstr(): _POSIX_C_SOURCE >= 2 || _XOPEN_SOURCE

説明

confstr() はコンフィグレーションに依存した文字列変数の値を取得する。
引き数 name は、問い合わせ内容を表すシステム変数である。 以下の変数がサポートされている。
_CS_GNU_LIBC_VERSION (GNU C library 限定; glibc 2.3.2 以降)
そのシステムの GNU C ライブラリのバージョンを示す文字列 (例えば "glibc 2.3.4")。
_CS_GNU_LIBPTHREAD_VERSION (GNU C library 限定; glibc 2.3.2 以降)
その C ライブラリが提供している POSIX 実装を示す文字列 (例えば "NPTL 2.3.4" や "linuxthreads-0.10")。
_CS_PATH
すべての POSIX.2 標準ユーティリティが見つかるような PATH の値。
buf が NULL でなく、かつ len が 0 でなければ confstr() は取得 した文字列の内容を buf にコピーする。必要ならば長さが len - 1 バイトに切り捨てられて、NULL バイト (\(aq\0\(aq) で終端される。 末尾が切り捨てられたかどうかを判定するには、 confstr() の返り値を len と比較すればよい。
len が 0 で buf が NULL ならば、 confstr() は以下で定義された値 (訳注: 切り捨てる前の、取得した文字列の長さ) を返す。

返り値

name が有効なコンフィギュレーション変数の場合、 confstr() はその変数の値全体を保持するのに必要であったバイト数を返す (文字列終端のヌルバイトも含む)。この値は len より大きいこともある。この場合には、 buf に格納された値の末尾が切り詰められたことを意味する。
name が有効なコンフィギュレーション変数だが、 変数が値を持っていない場合、 confstr() は 0 を返す。 name が有効なコンフィグレーション変数に対応していなければ、 confstr() は 0 を返し、 errnoEINVAL を設定する。

エラー

EINVAL name の値が不正である。

準拠

POSIX.1-2001.

次の部分的なコードは、 POSIX.2 システムのユーティリティがあるパス を取得するものである。

char *pathbuf; size_t n;
n = confstr(_CS_PATH, NULL, (size_t) 0); pathbuf = malloc(n); if (pathbuf == NULL) abort(); confstr(_CS_PATH, pathbuf, n);

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部 である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。
⇧ Top