Linux repositories inspector
GNU
2008-07-17
Aliases: edata(3), edata(3), edata(3), edata(3), edata(3), edata(3), etext(3), etext(3), etext(3), etext(3), etext(3), etext(3)

manpages-ja-dev

Japanese version of the manual pages (for developers)

man-pages-ja

Japanese man (manual) pages from the Japanese Manual Project

manpages-dev

Manual pages about using GNU/Linux for development

man-pages

Linux kernel and C library user-space interface documentation

名前

etext, edata, end - プログラムセグメントの終わり

書式

extern etext;
extern edata;
extern end;

説明

これらのシンボルのアドレスは各種のプログラムセグメントの終わりを示す。
etext テキストセグメント (プログラムのコード) の末尾の次のアドレス。
edata 初期化されたデータのセグメントの末尾の次のアドレス。
end 初期化されていないデータのセグメント (BSS セグメントとも言われる) の末尾の次のアドレス。

準拠

これらのシンボルは長年ほとんどの UNIX システムで提供されているが、 標準化されてはいない。注意して使うこと。

注意

プログラムではこれらのシンボルは明示的に宣言しなければならない。 これらはどのヘッダーファイルでも定義されていない。
いくつかのシステムでは、これらのシンボルの名前は前にアンダースコアが 付いていて、 _etext, _edata, _end となっている。 Linux でコンパイルされたプログラムでは、 これらのシンボルでも定義される。
プログラムの実行開始時に、プログラムブレークは &end の近くのどこか (おそらく次のページの先頭) になる。 しかしながら、 brk(2)malloc(3) でメモリーが割り当てられるに連れて、プログラムブレークは変化していく。 引き数に 0 を指定して sbrk(2) を呼び出すことで、プログラムブレークの現在値を知ることができる。

下記のプログラムを実行すると、次のような出力が得られる。

$ ./a.out First address past: program text (etext) 0x8048568 initialized data (edata) 0x804a01c uninitialized data (end) 0x804a024

プログラムのソース

#include <stdio.h>
#include <stdlib.h>

extern char etext, edata, end; /* The symbols must have some type, or "gcc -Wall" complains */
int main(int argc, char *argv[]) { printf("First address past:\n"); printf(" program text (etext) %10p\n", &etext); printf(" initialized data (edata) %10p\n", &edata); printf(" uninitialized data (end) %10p\n", &end);
exit(EXIT_SUCCESS); }

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部 である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。

REFERENCED BY

⇧ Top