Linux repositories inspector
GNU
2014-04-14
Aliases: ffsl(3), ffsl(3), ffsl(3), ffsl(3), ffsl(3), ffsl(3), ffsl(3), ffsl(3), ffsl(3), ffsl(3), ffsll(3), ffsll(3), ffsll(3), ffsll(3), ffsll(3), ffsll(3), ffsll(3), ffsll(3), ffsll(3), ffsll(3)

manpages-ja-dev

Japanese version of the manual pages (for developers)

man-pages-ja

Japanese man (manual) pages from the Japanese Manual Project

manpages-dev

Manual pages about using GNU/Linux for development

man-pages

Linux kernel and C library user-space interface documentation

名前

ffs, ffsl, ffsll - ワードの中で最初にセットされているビットの検出

書式

#include <strings.h>

int ffs(int i);
#include <string.h>
int ffsl(long int i);
int ffsll(long long int i);
glibc 向けの機能検査マクロの要件 (feature_test_macros(7) 参照):
ffs():
glibc 2.10 以降:
_SVID_SOURCE || _BSD_SOURCE || _POSIX_C_SOURCE >= 200809L || _XOPEN_SOURCE >= 700 ||
glibc 2.10 より前:
none
ffsl(), ffsll():
_GNU_SOURCE

説明

ffs() 関数は、ワード i の中で最初にセットされている (最下位)ビットの位置を返す。 最下位ビットの位置は 1、最上位ビットの位置は例えば 32 や 64 である。 ffsll() 関数と ffsl() 関数も同様だが、 異なったサイズの引数をとる。

返り値

これらの関数は、最初にセットされているビットの位置を返し、 i のどのビットもセットされていなければ 0 を返す。

属性

マルチスレッディング (pthreads(7) 参照)

関数 ffs(), ffsl(), ffsll() はスレッドセーフである。

準拠

ffs(): 4.3BSD, POSIX.1-2001.
関数 ffsl() と ffsll() は glibc による拡張である。

注意

BSD システムでは <string.h> にプロトタイプがある。

関連項目

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部 である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。

REFERENCED BY

⇧ Top