Linux repositories inspector
GNU
2013-06-21
Aliases: endusershell(3), endusershell(3), endusershell(3), endusershell(3), endusershell(3), endusershell(3), endusershell(3), endusershell(3), endusershell(3), endusershell(3), endusershell(3), endusershell(3), setusershell(3), setusershell(3), setusershell(3), setusershell(3), setusershell(3), setusershell(3), setusershell(3), setusershell(3), setusershell(3), setusershell(3), setusershell(3), setusershell(3)

manpages-ja-dev

Japanese version of the manual pages (for developers)

man-pages-ja

Japanese man (manual) pages from the Japanese Manual Project

manpages-dev

Manual pages about using GNU/Linux for development

man-pages

Linux kernel and C library user-space interface documentation

名前

getusershell, setusershell, endusershell - 許可されたユーザーシェルを得る

書式

#include <unistd.h>

char *getusershell(void);
void setusershell(void);
void endusershell(void);
glibc 向けの機能検査マクロの要件 (feature_test_macros(7) 参照):
getusershell(), setusershell(), endusershell():
_BSD_SOURCE || (_XOPEN_SOURCE && _XOPEN_SOURCE < 500)

説明

getusershell() 関数は /etc/shells ファイルから (開く必要があればこのファイルを開いてから) 現在行の次の一行を返す。 返された行の中身は有効なユーザーシェルのうちの一つのパス名である。 (訳注. 一行に付き一つのシェルのパス名が書かれている。) もし /etc/shells が存在しないか、読み込み不可の場合には、 getusershell() は /bin/sh/bin/csh がファイルに記されているかのようにふるまう。
setusershell() 関数は /etc/shells ファイルの ファイルポインターを先頭に戻す。
endusershell() 関数は /etc/shells ファイルを閉じる。

返り値

getusershell() 関数はファイルの終端では NULL を返す。

ファイル

/etc/shells

属性

マルチスレッディング (pthreads(7) 参照)

関数 getusershell(), setusershell(), endusershell() はスレッドセーフではない。

準拠

4.3BSD.

関連項目

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部 である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。
⇧ Top