Linux repositories inspector
2007-07-26
Aliases: ssignal(3), ssignal(3), ssignal(3), ssignal(3), ssignal(3), ssignal(3), ssignal(3), ssignal(3)

manpages-ja-dev

Japanese version of the manual pages (for developers)

man-pages-ja

Japanese man (manual) pages from the Japanese Manual Project

manpages-dev

Manual pages about using GNU/Linux for development

man-pages

Linux kernel and C library user-space interface documentation

名前

gsignal, ssignal - ソフトウェアシグナル機能

書式

#include <signal.h>

typedef void (*sighandler_t)(int);
int gsignal(int signum);
sighandler_t ssignal(int signum, sighandler_t action);
glibc 向けの機能検査マクロの要件 (feature_test_macros(7) 参照):
gsignal(), ssignal(): _SVID_SOURCE

説明

Linux ではこれらの関数を使用しないこと。 過去に間違いがあり、Linux では gsignal() と ssignal() はそれぞれ raise(3)signal(2) の別名になっている。
一方、System V 風のシステムでは、これらの関数で、 従来の signal(2)kill(2) の関数群とは完全に独立な、 ソフトウェアシグナリングを実現している。 ssignal() 関数は、番号 signum のソフトウェアシグナルが gsignal() 関数を使って発生された時にとるべきアクションを定義する。 gsignal() の返り値は、一つ前に指定されていたアクション、もしくは SIG_DFL である。 gsignal() は以下のような動作を行う: signum に対してアクションが指定されていないか、アクション SIG_DFL が指定されていた場合、何もせずに 0 を返す。 signum に対して アクション SIG_IGN が指定されていた場合、何もせずに 1 を返す。 それ以外の場合、アクションを SIG_DFL にリセットし、引き数に signum を指定してアクション関数を呼び出して、アクション関数の返り値を返す。 signum がとり得る値の範囲は実装により異なる (多くの場合 1〜15 か 1〜17 である)。

準拠

これらの関数は、AIX, DG/UX, HP-UX, SCO, Solaris, Tru64 で使用可能である。 これらのシステムのほとんどで廃止されたことになっており、 Linux の libc および glibc では正しく実装されていない。 gsignal_r() と ssignal_r() が実装されているシステムもある。

関連項目

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部である。 プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。
⇧ Top