Linux repositories inspector
GNU
2014-03-18

manpages-ja-dev

Japanese version of the manual pages (for developers)

man-pages-ja

Japanese man (manual) pages from the Japanese Manual Project

manpages-dev

Manual pages about using GNU/Linux for development

man-pages

Linux kernel and C library user-space interface documentation

名前

mbstowcs - マルチバイト文字列をワイド文字列に変換する

書式

#include <stdlib.h>

size_t mbstowcs(wchar_t *dest, const char *src, size_t n);

説明

dest が NULL でなければ mbstowcs() 関数は マルチバイト文字列 *srcdest から始まるワイド文字列に 変換する。dest には最大で n 文字のワイド文字が 書き込まれる。変換は初期状態で開始され、 以下の三つのいずれかの条件で停止する:
1. 不正なマルチバイト列に遭遇した。この場合には (size_t) -1 を返す。
2. n 文字の L\(aq\0\(aq 以外のワイド文字を dest に格納した場合。 この場合は *src が次に変換されるマルチバイト列を指すようにして、 dest に書き込まれたワイド文字の数を返す。しかしこの指している 場所のシフト状態は失われる。
3. マルチバイト文字列が終端のヌルワイド文字 (\(aq\0\(aq) まで含めて完全に 変換された場合。この場合は終端のヌルワイド文字を除いて dest に書き込まれた文字数を返す。
プログラマーは dest に最低でも n ワイド文字を書き込むこ とができる空間があることを保証しなければならない。
dest が NULL の場合、n は無視され、上記と同様の変換が 行われるが、変換されたワイド文字はメモリーに書き込まれず、変換先の上限 が存在しない。
上記の 2. の場合を避けるためにプログラマーは nmbstowcs(NULL,src,0)+1 以上であることを保証すべきである。

返り値

mbstowcs() 関数はワイド文字列に変換完了したワイド文字の数を返す。 終端のヌルワイド文字は含まない。不正なマルチバイト列に遭遇した場合には (size_t) -1 を返す。

準拠

C99.

注意

mbstowcs() の動作は現在のロケールの LC_CTYPE カテゴリーに依存している。
mbsrtowcs(3) 関数は同じ機能のより良いインターフェースを提供する。

下記のプログラムは mbstowcs() といくつかのワイド文字分類関数の使用方法を示したものである。実行例は以下のようになる。

$ ./t_mbstowcs de_DE.UTF-8 Grüße! Length of source string (excluding terminator): 8 bytes 6 multibyte characters
Wide character string is: Grüße! (6 characters) G alpha upper r alpha lower ü alpha lower ß alpha lower e alpha lower ! !alpha

プログラムのソース

#include <locale.h>
#include <wchar.h>
#include <stdio.h>
#include <string.h>
#include <stdlib.h>

int main(int argc, char *argv[]) { size_t mbslen; /* Number of multibyte characters in source */ wchar_t *wcs; /* Pointer to converted wide character string */ wchar_t *wp;
if (argc < 3) { fprintf(stderr, "Usage: %s <locale> <string>\n", argv[0]); exit(EXIT_FAILURE); }
/* Apply the specified locale */
if (setlocale(LC_ALL, argv[1]) == NULL) { perror("setlocale"); exit(EXIT_FAILURE); }
/* Calculate the length required to hold argv[2] converted to a wide character string */
mbslen = mbstowcs(NULL, argv[2], 0); if (mbslen == (size_t) -1) { perror("mbstowcs"); exit(EXIT_FAILURE); }
/* Describe the source string to the user */
printf("Length of source string (excluding terminator):\n"); printf(" %zu bytes\n", strlen(argv[2])); printf(" %zu multibyte characters\n\n", mbslen);
/* Allocate wide character string of the desired size. Add 1 to allow for terminating null wide character (L\(aq\0\(aq). */
wcs = calloc(mbslen + 1, sizeof(wchar_t)); if (wcs == NULL) { perror("calloc"); exit(EXIT_FAILURE); }
/* Convert the multibyte character string in argv[2] to a wide character string */
if (mbstowcs(wcs, argv[2], mbslen + 1) == (size_t) -1) { perror("mbstowcs"); exit(EXIT_FAILURE); }
printf("Wide character string is: %ls (%zu characters)\n", wcs, mbslen);
/* Now do some inspection of the classes of the characters in the wide character string */
for (wp = wcs; *wp != 0; wp++) { printf(" %lc ", (wint_t) *wp);
if (!iswalpha(*wp)) printf("!"); printf("alpha ");
if (iswalpha(*wp)) { if (iswupper(*wp)) printf("upper ");
if (iswlower(*wp)) printf("lower "); }
putchar(\(aq\n\(aq); }
exit(EXIT_SUCCESS); }

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部 である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。
⇧ Top