Linux repositories inspector

mq_open(3) - Japanese

Linux
2014-12-31
Aliases: mq_open(2), mq_open(2), mq_open(2), mq_open(2), mq_open(2), mq_open(2)

manpages-ja-dev

Japanese version of the manual pages (for developers)

man-pages-ja

Japanese man (manual) pages from the Japanese Manual Project

manpages-dev

Manual pages about using GNU/Linux for development

man-pages

Linux kernel and C library user-space interface documentation

名前

mq_open - メッセージキューをオープンする

書式

#include <fcntl.h>           /* For O_* constants */
#include <sys/stat.h>        /* For mode constants */
#include <mqueue.h>

mqd_t mq_open(const char *name, int oflag); mqd_t mq_open(const char *name, int oflag, mode_t mode, struct mq_attr *attr);
-lrt でリンクする。

説明

mq_open() は、新しい POSIX メッセージキューを作成するか、既存のキューを オープンする。キューは name で識別される。 name の構成の詳細については mq_overview(7) を参照。
oflag 引き数には、関数呼び出しの操作を制御するフラグを指定する (oflag の値の定義は <fcntl.h> のインクルードにより得られる)。 oflag には、以下のうちいずれか一つを必ず指定しなければならない。
O_RDONLY
メッセージの受信専用としてキューをオープンする。
O_WRONLY
メッセージの送信専用としてキューをオープンする。
O_RDWR メッセージの送受信両用としてキューをオープンする。
0 個以上の下記のフラグを、ビット単位の OR (論理和) で oflag に追加で指定できる。
O_CLOEXEC (Linux 2.6.26 以降)
メッセージキュー記述子に close-on-exec フラグをセットする。 なぜこのフラグが有用かについての議論は open(2) を参照。
O_CREAT
存在しない場合、メッセージキューを作成する。 メッセージキューの所有者 (ユーザー ID) とグループ所有権 (グループ ID) は、 それぞれ呼び出し元プロセスの実効ユーザー ID と実効グループ ID に設定される。
O_EXCL O_CREAToflag に指定され、かつ指定された名前 name を持つキューがすでに存在する場合、エラー EEXIST で失敗する。
O_NONBLOCK
非停止 (nonblocking) モードでキューをオープンする。 mq_receive(3)mq_send(3) は、通常は停止 (block) する状況において、エラー EAGAIN で失敗するようになる。
oflagO_CREAT を指定する場合、追加で 2つの引き数を与える必要がある。 mode 引き数は、新しいキューに適用される許可設定 (permission) を、 open(2) と同じように指定する (許可ビットのシンボル定義は <sys/stat.h> のインクルードにより得られる)。 許可設定はプロセスの umask でマスクされる。
attr 引き数は、キューの属性を指定する。詳細は、 mq_getattr(3) を参照。 attr が NULL の場合、キューは実装で定義されたデフォルト属性で作成される。 Linux 3.5 以降では、2 つの /proc ファイルがあり、これらのデフォルト値を制御できる。 詳細は mq_overview(7) を参照。

返り値

成功すると、 mq_open() はメッセージキュー記述子 (message queue descriptor) を返す。 メッセージキュー記述子は他のメッセージキュー関連の関数で使用される。 エラーの場合、 mq_open() は (mqd_t) -1 を返し、 errno にエラーを示す値を設定する。

エラー

EACCES キューは存在するが、呼び出し元が指定されたモードでそのキュー をオープンする許可を持たない。
EACCES name にスラッシュが 2 個以上含まれていた。
EEXIST oflagO_CREATO_EXCL の両方が指定されたが、指定された名前 name を持つキューがすでに存在する。
EINVAL oflagO_CREAT が指定され、かつ attr が NULL 以外だが、 attr->mq_maxmsgattr->mq_msqsize が不正であった。 これらのフィールドは両方とも 0 より大きくなければならない。 プロセスが特権を持たない (CAP_SYS_RESOURCE ケーパビリティを持たない) 場合、 attr->mq_maxmsgattr->mq_msgsize は、それぞれ上限 msg_maxmsgsize_max 以下でなければならない。 また、特権プロセスの場合でも、 attr->mq_maxmsgHARD_MAX 上限を超えることはできない。 (これらの上限に関する詳細は mq_overview(7) を参照。)
EMFILE そのプロセスがオープンしているファイルとメッセージキューの数が プロセス毎の上限に達している。
ENAMETOOLONG
name が長過ぎる。
ENFILE システム全体でオープンしているファイルとメッセージキューの合計数が システム上限に達している。
ENOENT O_CREAT フラグが oflag に指定されなかったが、指定された名前 name を持つキューが存在しない。
ENOENT name が "/" だけで、その後ろに他の文字が続いていなかった。
ENOMEM 十分なメモリーがない。
ENOSPC 新しいメッセージキューを作成するのに十分な空間がない。 このエラーはおそらく queues_max 上限に抵触したため起こったのだろう。 mq_overview(7) を参照。

属性

マルチスレッディング (pthreads(7) 参照)

関数 mq_open() はスレッドセーフである。

準拠

POSIX.1-2001.

バグ

2.6.14 より前のカーネルには、 プロセスの umask が mode で指定された許可設定に適用されなかった。

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部 である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。
⇧ Top