Linux repositories inspector
GNU
2014-03-20

manpages-ja-dev

Japanese version of the manual pages (for developers)

man-pages-ja

Japanese man (manual) pages from the Japanese Manual Project

manpages-dev

Manual pages about using GNU/Linux for development

man-pages

Linux kernel and C library user-space interface documentation

名前

netlink - netlink マクロ

書式

#include <asm/types.h>
#include <linux/netlink.h>
int NLMSG_ALIGN(size_t len);
int NLMSG_LENGTH(size_t len);
int NLMSG_SPACE(size_t len);
void *NLMSG_DATA(struct nlmsghdr *nlh);
struct nlmsghdr *NLMSG_NEXT(struct nlmsghdr *nlh, int len);
int NLMSG_OK(struct nlmsghdr *nlh, int len);
int NLMSG_PAYLOAD(struct nlmsghdr *nlh, int len);

説明

<linux/netlink.h> では、 netlink データグラムにアクセスしたり、これを作成するための 標準マクロがいくつか定義されている。 これらは cmsg(3) で定義されている補助データ (auxiliary data) 用のマクロと、 その精神において似ているものである。 netlink ソケットに対してやりとりされるバッファーには、 必ずこれらのマクロだけを使ってアクセスすべきである。
NLMSG_ALIGN
netlink メッセージの長さを丸めて正しく揃える。
NLMSG_LENGTH
格納領域 (payload) の長さ len を引数にとり、 nlmsghdrnlmsg_len フィールドに代入できる 揃えられた長さ (aligned length) を返す。
NLMSG_SPACE
ペイロードの長さが len の netlink メッセージのバイト数を返す。
NLMSG_DATA
与えた nlmsghdr に関連づけられた格納領域へのポインターを返す。
NLMSG_NEXT
マルチパートメッセージにおいて、次の nlmsghdr を入手する。これを呼び出すときには、 現在の nlmsghdr で NLMSG_DONE がセットされていないことを 確認しなければならない。この関数は終端で NULL を返さないからである。 len 引数はメッセージバッファーの残り長さが入った左辺値である。 このマクロはこの引数からメッセージヘッダーの長さ分を差し引く。
NLMSG_OK
Netlink メッセージが途切れておらず、かつ解釈可能な形の場合であれば真を返す。
NLMSG_PAYLOAD
nlmsghdr に関連づけられた格納領域の長さを返す。

準拠

これらのマクロは非標準で、Linux での拡張である。

注意

通常はカーネルの低レベルインターフェイスよりも、 libnetlink 経由で netlink を用いるほうが良い。

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部 である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。
⇧ Top