Linux repositories inspector

pthread_attr_setguardsize(3) - Japanese

Linux
2014-05-28
Aliases: pthread_attr_getguardsize(3), pthread_attr_getguardsize(3), pthread_attr_getguardsize(3), pthread_attr_getguardsize(3), pthread_attr_getguardsize(3), pthread_attr_getguardsize(3)

manpages-ja-dev

Japanese version of the manual pages (for developers)

man-pages-ja

Japanese man (manual) pages from the Japanese Manual Project

manpages-dev

Manual pages about using GNU/Linux for development

man-pages

Linux kernel and C library user-space interface documentation

名前

pthread_attr_setguardsize, pthread_attr_getguardsize - スレッド属性オブジェクトの guard size 属性の設定/取得を行う

書式

#include <pthread.h>

int pthread_attr_setguardsize(pthread_attr_t *attr, size_t guardsize); int pthread_attr_getguardsize(const pthread_attr_t *attr, size_t *guardsize);
-pthread でコンパイルしてリンクする。

説明

pthread_attr_setguardsize() 関数は、 attr が参照するスレッド属性オブジェクトの guard size 属性を guardsize で指定された値に設定する。
guardsize が 0 より大きい場合、 attr を使って新しく作成された各スレッドに対して、 システムはスレッドのスタックの末尾に少なくとも guardsize バイトの 追加領域を割り当てる。この追加領域はスタックに対するガード領域として 機能する (ただし「バグ」の節も参照)。
guardsize が 0 の場合、 attr を使って新しく作成されたスレッドはガード領域を持たない。
デフォルトの guard size はシステムのページサイズと同じである。
(pthread_attr_setstack(3)pthread_attr_setstackaddr(3)を使って) attr でスタックアドレス属性が設定されている場合には、呼び出し側がそ のスレッドのスタックを割り当てていることを意味するので、guard size 属性 は無視される (すなわち、システムによるガード領域の作成は行われない)。 この場合、スタックオーバーフローが起こらないように対処するのはアプリ ケーション側の責任となる (おそらく mprotect(2) を使って、割り当て られたスタックの最後に手動でガード領域を定義することになるだろう)。
pthread_attr_getguardsize() は、 スレッド属性オブジェクト attr の guard size 属性を guardsize が指すバッファーに入れて返す。

返り値

成功すると、これらの関数は 0 を返す。 エラーの場合、0 以外のエラー番号を返す。

エラー

POSIX.1-2001 では、エラー EINVAL
attrguardsize が無効な場合に対して規定されている。 Linux では、これらの関数は常に成功する (ただし、移植性や将来も動作することを保証したいアプリケーションでは 正のエラーの返り値を処理するようにすべきである)。

バージョン

これらの関数は glibc バージョン 2.1 以降で提供されている。

属性

マルチスレッディング (pthreads(7) 参照)

関数 pthread_attr_setguardsize() と pthread_attr_getguardsize() はスレッドセーフである。

準拠

POSIX.1-2001.

注意

ガード領域は、読み出し/書き込みアクセスが行われないように保護がかけ られた仮想メモリーページで構成で構成される。スレッドがスタックをガード 領域までオーバーフローさせた場合、ほとんどのハードウェアアーキテクチャー では、スレッドに SIGSEGV シグナルが送られ、オーバーフローが発生した ことが通知される。ガード領域はページ境界から開始され、ガード領域の 大きさはスレッド作成時に内部的にシステムのページサイズに切り上げられる (その場合も pthread_attr_getguardsize() では pthread_attr_setguardsize() で設定された guard size が返される)。
多くのスレッドを作成するアプリケーションで、かつ、スタックオーバーフロー が決して発生しないことが分かっている場合には、guard size を 0 に設定 することで、メモリーを節約できることもある。
スレッドがスタックに大きなデータ構造を割り当てる場合には、 スタックオーバーフローを検出するためには、デフォルトサイズよりも 大きな guard size を選ぶ必要があるかもしれない。

バグ

glibc 2.8 の時点では、 NPTL スレッド実装ではガード領域はスタックサイズ で割り当てられる領域の中に含まれている。一方、POSIX.1 では、スタックの 末尾に追加の領域を割り当てることが求められている。 (このため、ガード領域が大きすぎて、 実際のスタック用の場所がなくなってしまう場合、 pthread_create(3)EINVAL エラーが発生することになる。)
廃止予定の LinuxThreads 実装では、 POSIX.1 で求められている通りの動作で、 ガード領域がスタックの末尾に追加の領域が割り当てられる。

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部 である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。
⇧ Top