Linux repositories inspector

pthread_attr_setschedpolicy(3) - Japanese

Linux
2014-05-21
Aliases: pthread_attr_getschedpolicy(3), pthread_attr_getschedpolicy(3), pthread_attr_getschedpolicy(3), pthread_attr_getschedpolicy(3), pthread_attr_getschedpolicy(3), pthread_attr_getschedpolicy(3)

manpages-ja-dev

Japanese version of the manual pages (for developers)

man-pages-ja

Japanese man (manual) pages from the Japanese Manual Project

manpages-dev

Manual pages about using GNU/Linux for development

man-pages

Linux kernel and C library user-space interface documentation

名前

pthread_attr_setschedpolicy, pthread_attr_getschedpolicy - スレッド属性 オブジェクトのスケジューリングポリシー属性の設定/取得を行う

書式

#include <pthread.h>

int pthread_attr_setschedpolicy(pthread_attr_t *attr, int policy); int pthread_attr_getschedpolicy(const pthread_attr_t *attr, int *policy);
-pthread でコンパイルしてリンクする。

説明

pthread_attr_setschedpolicy() 関数は、 attr が参照するスレッド属性オブジェクトのスケジューリング ポリシー属性を policy で指定された値に設定する。 この属性により、スレッド属性オブジェクト attr を使って 作成されるスレッドのスケジューリングポリシーが決定される。
policy に指定できる値は SCHED_FIFO, SCHED_RR, SCHED_OTHER である。それぞれの意味は sched(7) で説明している通りである。
pthread_attr_getschedpolicy() は、 スレッド属性オブジェクト attr のスケジューリングポリシー属性を policy が指すバッファーに入れて返す。
pthread_create(3) を呼び出した際に pthread_attr_setschedpolicy() で行ったポリシー設定を有効にするには、 呼び出し側で pthread_attr_setinheritsched(3) を使って 属性オブジェクト attr の inherit-scheduler 属性を PTHREAD_EXPLICIT_SCHED に設定しておかなければならない。

返り値

成功すると、これらの関数は 0 を返す。 エラーの場合、0 以外のエラー番号を返す。

エラー

pthread_attr_setschedpolicy() は以下のエラーで失敗する場合がある。
EINVAL policy に無効な値が指定された。
POSIX.1-2001 では、 pthread_attr_setschedpolicy() に関して エラー ENOTSUP ("サポートされていない値を属性に設定しようとした") も追加で規定されている。

属性

マルチスレッディング (pthreads(7) 参照)

関数 pthread_attr_setschedpolicy() と pthread_attr_getschedpolicy() はスレッドセーフである。

準拠

POSIX.1-2001.

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部 である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。
⇧ Top