Linux repositories inspector

pthread_join(3) - Japanese

Linux
2008-11-27

manpages-ja-dev

Japanese version of the manual pages (for developers)

man-pages-ja

Japanese man (manual) pages from the Japanese Manual Project

manpages-dev

Manual pages about using GNU/Linux for development

man-pages

Linux kernel and C library user-space interface documentation

名前

pthread_join - 終了したスレッドを join する

書式

#include <pthread.h>

int pthread_join(pthread_t thread, void **retval);
-pthread を付けてコンパイルとリンクを行う。

説明

pthread_join() 関数は、thread で指定されたスレッドが 終了するのを待つ。そのスレッドがすでに終了している場合、 pthread_join() はすぐに返る。 thread で指定されたスレッドは join 可能でなければならない。
retval が NULL でない場合、 pthread_join() は対象スレッドの終了 ステータス (すなわち、対象スレッドが pthread_exit(3) に渡した値) を *retval が指す場所にコピーする。対象スレッドがキャンセルされた場合、 *retval には PTHREAD_CANCELED が格納される。
複数のスレッドが同時に同じスレッドを join しようとした場合、その結果 は不定である。pthread_join() を呼び出しているスレッドがキャンセル された場合、対象スレッドは join 可能のままとなる (detached 状態には ならない)。

返り値

成功すると、 pthread_join() は 0 を返す。 エラーの場合、エラー番号を返す。

エラー

EDEADLK
デッドロックが検出された (例えば、二つのスレッドが互いに join しようと した場合)、または thread に呼び出したスレッドが指定されている。
EINVAL thread が join 可能なスレッドではない。
EINVAL 別のスレッドがすでにこのスレッドの join 待ちである。
ESRCH ID が thread のスレッドが見つからなかった。

準拠

POSIX.1-2001.

注意

pthread_join() の呼び出しが成功した場合は、 呼び出し側には、対象スレッドが終了していることが保証される。
すでに join されたスレッドを join した場合の結果は不定である。
join 可能なスレッド (detached 状態でないスレッド) の join に失敗した場合、 "ゾンビスレッド (zombie thread)" が生成される。 各ゾンビスレッドはシステムリソースをいくらかは消費し、 ゾンビスレッドがたくさん生成されてしまうと、 新しいスレッド (やプロセス) がそれ以上作成できなくなってしまうので、 このようなことが起きるのは避けること。
pthreads には、 waitpid(-1, &status, 0)、つまり "終了されたスレッドのどれかを join する" といった機能はない。 この機能が必要だと思うような場合には、おそらく 自分のアプリケーションの設計を考え直す必要があるだろう。
プロセス内の全てのスレッドは対等であり、 どのスレッドでもプロセス内の他のスレッドを join できる。

pthread_create(3) を参照。

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部 である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。
⇧ Top