Linux repositories inspector
2012-03-08
Aliases: qsort_r(3), qsort_r(3), qsort_r(3), qsort_r(3), qsort_r(3), qsort_r(3), qsort_r(3), qsort_r(3), qsort_r(3), qsort_r(3)

manpages-ja-dev

Japanese version of the manual pages (for developers)

man-pages-ja

Japanese man (manual) pages from the Japanese Manual Project

manpages-dev

Manual pages about using GNU/Linux for development

man-pages

Linux kernel and C library user-space interface documentation

名前

qsort, qsort_r - 配列を並べ変える

書式

#include <stdlib.h>

void qsort(void *base, size_t nmemb, size_t size, int (*compar)(const void *, const void *));
void qsort_r(void *base, size_t nmemb, size_t size, int (*compar)(const void *, const void *, void *), void *arg);
glibc 向けの機能検査マクロの要件 (feature_test_macros(7) 参照):
qsort_r(): _GNU_SOURCE

説明

qsort() 関数は、 nmemb 個の大きさ size の要素をもつ配列を並べ変える。 base 引き数は配列の先頭へのポインターである。
compar をポインターとする比較関数によって、 配列の中身は昇順 (値の大きいものほど後に並ぶ順番) に並べられる。 比較関数の引き数は比較されるふたつのオブジェクトのポインターである。
比較関数は、第一引き数が第二引き数に対して、 1) 小さい、2) 等しい、3) 大きいのそれぞれに応じて、 1) ゼロより小さい整数、2) ゼロ、3) ゼロより大きい整数の いずれかを返さなければならない。 二つの要素の比較結果が等しいとき、 並べ変えた後の配列では、これら二つの順序は規定されていない。
qsort_r() 関数は qsort() と同じだが、比較関数 compar が第 3 引き数を 取る点が異なる。ポインターが arg 経由で比較関数に渡される。 これにより、比較関数は任意の引き数を渡すためにグローバル変数を使う必要がなくなり、 そのため、リエントラント (再入可能) で安全にスレッドで使用できるようになる。

返り値

関数 qsort() と qsort_r() は値を返さない。

バージョン

qsort_r() は glibc バージョン 2.8 で追加された。

準拠

qsort() 関数は SVr4, 4.3BSD, C89, C99 に準拠している。

注意

qsort() の compar 引き数に使用するのに適しているライブラリルーチンと しては alphasort(3), versionsort(3) がある。 C の文字列を比較する場合、 以下の例にあるように比較関数で strcmp(3) を呼び出すこともできる。

使用例については、 bsearch(3) にある例を参照すること。
以下のプログラムに別の使用例を示す。このプログラムは、 コマンドライン引き数で指定された文字列の並び換えを行う。
#include <stdio.h>
#include <stdlib.h>
#include <string.h>

static int cmpstringp(const void *p1, const void *p2) { /* この関数の実際の引き数は "char 型へのポインターのポインター" だが、 strcmp(3) の引き数は "char 型へのポインター" である。 そこで、以下のようにキャストをしてからポインターの逆参照を行う。*/
return strcmp(* (char * const *) p1, * (char * const *) p2); }
int main(int argc, char *argv[]) { int j;
if (argc < 2) { fprintf(stderr, "Usage: %s <string>...\n", argv[0]); exit(EXIT_FAILURE); }
qsort(&argv[1], argc - 1, sizeof(char *), cmpstringp);
for (j = 1; j < argc; j++) puts(argv[j]); exit(EXIT_SUCCESS); }

関連項目

sort(1), alphasort(3), strcmp(3), versionsort(3)

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部 である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。
⇧ Top