Linux repositories inspector
Linux
2014-05-28
Aliases: rexec_af(3), rexec_af(3), rexec_af(3), rexec_af(3), rexec_af(3), rexec_af(3)

manpages-ja-dev

Japanese version of the manual pages (for developers)

man-pages-ja

Japanese man (manual) pages from the Japanese Manual Project

manpages-dev

Manual pages about using GNU/Linux for development

man-pages

Linux kernel and C library user-space interface documentation

名前

rexec, rexec_af - リモートコマンドへのストリームを返す

書式

#define _BSD_SOURCE             /* feature_test_macros(7) 参照 */
#include <netdb.h>

int rexec(char **ahost, int inport, const char *user, const char *passwd, const char *cmd, int *fd2p);
int rexec_af(char **ahost, int inport, const char *user, const char *passwd, const char *cmd, int *fd2p, sa_family_t af);

説明

このインターフェースは rcmd(3) によって置き換えられた。
rexec() 関数は gethostbyname(3) を使ってホスト *ahost を探す。ホストが存在しない場合は -1 を返し、それ以外の場合には *ahost にそのホストの標準的な名前を設定する。 ユーザー名とパスワードの両方が指定された場合には、これらは 接続先のホストへの認証に利用される。そうでない場合には、 適切な情報を入手するために、環境変数と、そのユーザーの ホームディレクトリの .netrc ファイルが検索される。情報が見つからなかった時には、 ユーザーに対して情報を入力するプロンプトが表示される。
ポート inport には、接続に使用する DARPA Internet の well-known ポートを指定する。 getservbyname("exec", "tcp") を呼び出すと構造体へのポインターが返され (getservent(3) 参照)、この構造体には必要なポートが入っている。 接続に使用されるプロトコルについての詳細は rexecd(8) に書かれている (訳注: 現在のところ存在しない)。
接続に成功すると、インターネットドメインの SOCK_STREAM 型のソケットが返され、そのソケットはリモートコマンドの 標準入力および標準出力となる。 fd2p が 0 以外の場合、制御プロセスへの補助チャンネルがセットアップされ、 補助チャンネルのディスクリプターが *fd2p に書かれる。 制御プロセスはコマンドからの診断メッセージ出力 (ファイルディスクリプター 2) をこのチャンネルで返す。また、このチャンネル経由で UNIX のシグナル番号を示すバイトを受信する。受信したシグナルは コマンドが属すプロセスグループに転送される。 診断情報にはリモートの認証失敗は含まれない。なぜなら、認証の確認が行われた 後で補助チャンネルの接続はセットアップされるからである。 fd2p が 0 の場合、標準エラー (リモートコマンドのファイルディスクリプター 2) は 標準出力と同様に扱われ、リモートプロセスに任意のシグナルを送るための 手段は提供されない。但し、リモートプロセスに対してトリガーをかけるために、 帯域外データ (out-of-band data) を使うことはできる。

rexec_af()

rexec() 関数は IPv4 (AF_INET) 上で動作する。 これに対して、 rexec_af() 関数は追加の引き数 af があり、 この引き数で呼び出し側がプロトコルを選択できる。 この引き数には AF_INET, AF_INET6, AF_UNSPEC を指定できる (AF_UNSPEC は実装側がプロトコルを選択することを意味する)。

バージョン

rexec_af() 関数は glibc バージョン 2.9 で追加された。

属性

マルチスレッディング (pthreads(7) 参照)

関数 rexec() と rexec_af() はスレッドセーフではない。

準拠

これらの関数は POSIX.1-2001 にはない。rexec() 関数は 4.2BSD で始めて 登場し、BSD 系、Solaris や他の多くのシステムに存在する。rexec_af() 関数はもっと新しく、それほど広く使われているわけではない。

バグ

rexec() 関数はネットワークに暗号化されていないパスワードを送信する。
基礎的なサービスにおいては大きなセキュリティホールと考えられるため、 多くのサイトで無効になっている。詳細は rexecd(8) を参照。

関連項目

rcmd(3), rexecd(8)

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部 である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。
⇧ Top