Linux repositories inspector
2013-08-26
Aliases: nearbyint(3), nearbyint(3), nearbyint(3), nearbyint(3), nearbyint(3), nearbyint(3), nearbyint(3), nearbyint(3), nearbyint(3), nearbyint(3), nearbyint(3), nearbyint(3), nearbyintf(3), nearbyintf(3), nearbyintf(3), nearbyintf(3), nearbyintf(3), nearbyintf(3), nearbyintf(3), nearbyintf(3), nearbyintf(3), nearbyintf(3), nearbyintf(3), nearbyintf(3), nearbyintl(3), nearbyintl(3), nearbyintl(3), nearbyintl(3), nearbyintl(3), nearbyintl(3), nearbyintl(3), nearbyintl(3), nearbyintl(3), nearbyintl(3), nearbyintl(3), nearbyintl(3), rintf(3), rintf(3), rintf(3), rintf(3), rintf(3), rintf(3), rintf(3), rintf(3), rintf(3), rintf(3), rintf(3), rintf(3), rintl(3), rintl(3), rintl(3), rintl(3), rintl(3), rintl(3), rintl(3), rintl(3), rintl(3), rintl(3), rintl(3), rintl(3)

manpages-ja-dev

Japanese version of the manual pages (for developers)

man-pages-ja

Japanese man (manual) pages from the Japanese Manual Project

manpages-dev

Manual pages about using GNU/Linux for development

man-pages

Linux kernel and C library user-space interface documentation

名前

nearbyint, nearbyintf, nearbyintl, rint, rintf, rintl - 最も近い整数に丸める

書式

#include <math.h>

double nearbyint(double x);
float nearbyintf(float x);
long double nearbyintl(long double x);
double rint(double x);
float rintf(float x);
long double rintl(long double x);
-lm でリンクする。
glibc 向けの機能検査マクロの要件 (feature_test_macros(7) 参照):
nearbyint(), nearbyintf(), nearbyintl():
_XOPEN_SOURCE >= 600 || _POSIX_C_SOURCE >= 200112L || _ISOC99_SOURCE;
or cc -std=c99

rint():
_BSD_SOURCE || _SVID_SOURCE || _XOPEN_SOURCE >= 500 || _XOPEN_SOURCE && _XOPEN_SOURCE_EXTENDED || _ISOC99_SOURCE || _POSIX_C_SOURCE >= 200112L;
or cc -std=c99

rintf(), rintl():
_BSD_SOURCE || _SVID_SOURCE || _XOPEN_SOURCE >= 600 || _ISOC99_SOURCE || _POSIX_C_SOURCE >= 200112L;
or cc -std=c99

説明

関数 nearbyint(), nearbyintf(), and nearbyintl() は、現在の丸め方向 (fesetround(3) 参照) で引き数を浮動小数点形式の整数に丸める。 inexact 例外を出さない。
関数 rint(), rintf(), and rintl() も同じような動作をするが、 結果が引き数と異なる場合に inexact 例外 (FE_INEXACT) を出す (この例外は fetestexcept(3) 経由で確認可能)。

返り値

これらの関数は丸めた整数値を返す。
x が整数、+0、-0、NaN、無限のいずれかの場合、 x そのものが返される。

エラー

エラーは発生しない。 POSIX.1-2001 にはオーバーフローでの範囲エラー (range error) の 記載がある。「注意」の節を参照のこと。

属性

マルチスレッディング (pthreads(7) 参照)

関数 nearbyint(), nearbyintf(), nearbyintl(), rint(), rintf(), rintl() はスレッドセーフである。

準拠

C99, POSIX.1-2001.

注意

SUSv2 と POSIX.1-2001 にはオーバーフローに関する記述があり、 オーバーフローの場合には、 errnoERANGE に設定するか、 FE_OVERFLOW 例外を発生することとされている。 実際のところ、どの現行のマシンでも結果がオーバーフローを起こすことはないので、 このエラー処理は意味がない。 (より正確に言うと、オーバーフローは指数部の最大値が 仮数部を表すビットの数より小さい場合にしか起こらない。 IEEE-754 規格の 32 ビットと 64 ビットの浮動小数では、 指数部の最大値はそれぞれ 128 と 1024 であり、 仮数部のビット数はそれぞれ 24 と 53 である。)
丸めた値を整数型に格納した場合には、おそらくこの関数ではなく lrint(3) に載っている関数のどれかを使いたいのだろう。

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部 である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。
⇧ Top