Linux repositories inspector

sockatmark(3) - Japanese

Linux
2014-02-28

manpages-ja-dev

Japanese version of the manual pages (for developers)

man-pages-ja

Japanese man (manual) pages from the Japanese Manual Project

manpages-dev

Manual pages about using GNU/Linux for development

man-pages

Linux kernel and C library user-space interface documentation

名前

sockatmark - どのソケットに帯域外 (out-of-band) マークが付けられているかを調べる

書式

#include <sys/socket.h>
int sockatmark(int sockfd);
glibc 向けの機能検査マクロの要件 (feature_test_macros(7) 参照):
sockatmark(): _POSIX_C_SOURCE >= 200112L || _XOPEN_SOURCE >= 600

説明

sockatmark() はファイルディスクリプター sockfd で参照されるソケットに帯域外マークが付けられているか否かを返す。 ソケットにマークが付けられている場合は、1 が返される。 ソケットにマークが付けられていない場合は、0 が返される。 この関数は帯域外マークを削除しない。

返り値

sockatmark() の呼び出しが成功した場合、ソケットに帯域外マークが 付けられていれば 1 を返し、付けられていなければ 0 を返す。 エラーの場合は -1 が返され、エラーを表す errno が設定される。

エラー

EBADF sockfd が有効なファイルディスクリプターでない。
EINVAL sockfdsockatmark() が適用できないファイルディスクリプターである。

バージョン

sockatmark() は glibc バージョン 2.2.4 で追加された。

属性

マルチスレッディング (pthreads(7) 参照)

sockatmark() 関数はスレッドセーフである。

準拠

POSIX.1-2001.

注意

sockatmark() が 1 を返す場合、帯域外データは MSG_OOB を指定した recv(2) で読み込むことができる。
帯域外データは、いくつかのストリームソケットプロトコルでしか サポートされていない。
sockatmark() は SIGURG シグナルのハンドラーから安全に呼び出すことができる。
sockatmark() は SIOCATMARK ioctl(2) 操作を使って実装されている。

バグ

glibc 2.4 より前のバージョンでは、 sockatmark() は動作しない。

以下のコードは、 SIGURG シグナルを受け取った後にマークまでの全てのデータを読み込んで (破棄し)、 マークされたデータのバイトを読み込むのに使用できる。

char buf[BUF_LEN]; char oobdata; int atmark, s;
for (;;) { atmark = sockatmark(sockfd); if (atmark == -1) { perror("sockatmark"); break; }
if (atmark) break;
s = read(sockfd, buf, BUF_LEN) <= 0); if (s == -1) perror("read"); if (s <= 0) break; }
if (atmark == 1) { if (recv(sockfd, &oobdata, 1, MSG_OOB) == -1) { perror("recv"); ... } }

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部 である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。

REFERENCED BY

⇧ Top