Linux repositories inspector
2014-05-10
Aliases: strncasecmp(3), strncasecmp(3), strncasecmp(3), strncasecmp(3), strncasecmp(3), strncasecmp(3), strncasecmp(3), strncasecmp(3), strncasecmp(3), strncasecmp(3)

manpages-ja-dev

Japanese version of the manual pages (for developers)

man-pages-ja

Japanese man (manual) pages from the Japanese Manual Project

manpages-dev

Manual pages about using GNU/Linux for development

man-pages

Linux kernel and C library user-space interface documentation

名前

strcasecmp, strncasecmp - 二つの文字列を大文字小文字を区別せず比較する

書式

#include <strings.h>

int strcasecmp(const char *s1, const char *s2);
int strncasecmp(const char *s1, const char *s2, size_t n);

説明

strcasecmp() 関数は、二つの文字列 s1s2 を、 大文字小文字を区別せずに比較する。 s1s2 よりも小さいか、同じか、大きいかによってそれぞれ 負の整数、0、正の整数を返す。
strncasecmp() 関数も同様であるが、 s1 の最初の n バイトだけを 比較する点だけが異なる。

返り値

strcasecmp() と strncasecmp() 関数は、s1 (または、その最初の n バイト)が s2 よりも小さいか、 同じか、大きいかにより、それぞれ負の整数、0、正の整数を返す。

準拠

4.4BSD, POSIX.1-2001.

注意

関数 strcasecmp() と strncasecmp() は 4.4BSD で初めて登場し、 そのときは <string.h> に宣言があった。 このような、過去との互換性確保のため、 機能検査マクロ _DEFAULT_SOURCE (glibc 2.19 以前では _BSD_SOURCE) が定義された際に、 glibc のヘッダーファイル <string.h> でもこれらの関数が宣言されている。

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部 である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。
⇧ Top