Linux repositories inspector

sysv_signal(3) - Japanese

2014-01-06

manpages-ja-dev

Japanese version of the manual pages (for developers)

man-pages-ja

Japanese man (manual) pages from the Japanese Manual Project

manpages-dev

Manual pages about using GNU/Linux for development

man-pages

Linux kernel and C library user-space interface documentation

名前

sysv_signal - System V 方式のシグナル処理

書式

#define _GNU_SOURCE /* feature_test_macros(7) 参照 */
#include <signal.h>
typedef void (*sighandler_t)(int);
sighandler_t sysv_signal(int signum, sighandler_t handler);

説明

sysv_signal() 関数は signal(2) と同じ引き数をとり、同じ処理を実行する。
しかしながら、 sysv_signal() は System V の信頼性に欠けるシグナル処理方式を提供している。 信頼性に欠けるシグナル処理方式は以下の特徴を持つ。 a) ハンドラーが起動されると、シグナルの処理方法 (disposition) が デフォルトにリセットされる、 b) シグナルハンドラーの実行中は、それ以降に発生した同じシグナルの配送が ブロックされない、 c) ハンドラーが停止中の (blocking している) システムコールを中断した場合、 自動的に再開されないシステムコールがある。

返り値

sysv_signal() 関数はシグナルハンドラーの直前の値を返す。 エラーの場合、 SIG_ERR を返す。

エラー

signal(2) と同じ。

属性

マルチスレッディング (pthreads(7) 参照)

sysv_signal() 関数はスレッドセーフである。

準拠

この関数は非標準である。

注意

sysv_signal() の使用は避けるべきである。代わりに sigaction(2) を使うこと。
以前の Linux システムでは、 sysv_signal() と signal(2) は等価であった。しかし、新しめのシステムでは、 signal(2) は信頼性のあるシグナル処理方式を提供している。 詳細は signal(2) を参照。
sighandler_t を使っているのは GNU による拡張である。 この型は機能検査マクロ _GNU_SOURCE を定義した場合にのみ定義される。

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部である。 プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。
⇧ Top