Linux repositories inspector
2015-01-30
Aliases: daylight(3), daylight(3), daylight(3), daylight(3), daylight(3), daylight(3), daylight(3), daylight(3), timezone(3), timezone(3), timezone(3), timezone(3), timezone(3), timezone(3), timezone(3), timezone(3), tzname(3), tzname(3), tzname(3), tzname(3), tzname(3), tzname(3), tzname(3), tzname(3)

manpages-ja-dev

Japanese version of the manual pages (for developers)

man-pages-ja

Japanese man (manual) pages from the Japanese Manual Project

manpages-dev

Manual pages about using GNU/Linux for development

man-pages

Linux kernel and C library user-space interface documentation

名前

tzset, tzname, timezone, daylight - 時刻の変換情報を初期化する

書式

#include <time.h>

void tzset (void);
extern char *tzname[2]; extern long timezone; extern int daylight;
glibc 向けの機能検査マクロの要件 (feature_test_macros(7) 参照):
tzset(): _POSIX_C_SOURCE >= 1 || _XOPEN_SOURCE || _POSIX_SOURCE
tzname: _POSIX_C_SOURCE >= 1 || _XOPEN_SOURCE || _POSIX_SOURCE
timezone: _SVID_SOURCE || _XOPEN_SOURCE
daylight: _SVID_SOURCE || _XOPEN_SOURCE

説明

tzset() 関数は TZ 環境変数を用いて tzname 変数を初期化する。 この関数は、タイムゾーンに依存する他の時刻変換関数から自動的に呼び出される。 System V 的な環境では、この関数は変数 timezone (UTC からの西向きの秒数) と daylight (このタイムゾーンにサマータイムに関するルールがなければ 0、 サマータイム期間が一年のどこかにあれば 0 以外) も設定する。
TZ 環境変数が設定されていない場合には、 システムのタイムゾーンが使用される。 ステムのタイムゾーンを設定するには、 tzfile(5) 形式のファイルを /etc/localtime にコピーしたりリンクしたりする。 これらのファイルがあるタイムゾーンデータベースはシステムのタイムゾーンディレクトリ (ファイル の節を参照) に置かれている。
TZ 環境変数が存在しているが、その値が空だったり、 以下に示す形式のどれにもあてはまらない場合は、 協定世界時 (Coordinated Universal Time: UTC) が用いられる。
TZ の値は以下の 2 つの形式のいずれかを取ることができる。 最初の形式は、 使用するタイムゾーンを表す文字列を直接指定する方法である。
std offset dst[offset][,start[/time],end[/time]]
この指定方法ではスペースは一切使用しない。 std 文字列はタイムゾーンの名前を指定する。 アルファベットからなる 3 文字以上の文字列でなければならない。 offset 文字列は std の直後に続き、 協定世界時 (UTC) を得るために ローカルな時刻に加えなければならない時間を指定する。 offset は、ローカルタイムゾーンがグリニッジ子午線 (Prime Meridian) の西なら正の値、東なら負の値を取る。 時間 (hour) は 0 から 24 の間でなければならない。 分 (minute) と秒 (second) は 0 から 59 の間でなければならない。
dst 文字列と offset は、 対応するサマータイムゾーンの名前とオフセットを指定する。 オフセットが省略されると、デフォルトでは標準の一時間前となる。
start フィールドはサマータイムが有効になる時刻、 end フィールドは標準に戻る時刻である。 これらのフィールドは以下の形式で指定する。
Jn 年の通日 (Julian day) で日にちを指定する。 n は 1 から 365 の間の数値。閏日は計算に入らない。 この形式では、2 月 29 日を表現することはできず、 2 月 28 日が第 59 日で、3 月 1 日が常に第 60 日となる。
n 年の通日 (Julian day) で日にちを指定する。 n は 1 から 365 の間の数値。 閏年の場合も、2 月 29 日も日にちの計算に含められる。
Mm.w.d m は月 (1 <= m <= 12) を、 w は月のうちの週 (1 <= w <= 5) を、 d は週のうちの日にち (0 <= d <= 6) を示す。 w = 1 は所属する d が存在する最初の週、 w = 5 は最後の週である。 d = 0 は日曜日である。
time フィールドは、ローカルタイムを切り替える時刻を、 変更前のローカルタイムで表したものである。 省略された場合のデフォルトは 02:00:00 である。
ニュージーランドの例である。 ニュージーランドでは、標準のタイムゾーン (NZST) は UTC より 12時間進んでおり、 サマータイム (NZDT) は UTC の 13時間進んでいる。 サマータイムは 10月の第一日曜から 3月の第三日曜までであり、 ローカルタイムの切り替えはデフォルトの 02:00:00 に行われる。

TZ="NZST-12:00:00NZDT-13:00:00,M10.1.0,M3.3.0"
2 番目の形式は、タイムゾーンの情報をファイルから読み込むように指定する。
:[filespec]
ファイルの指定 filespec が省略された場合、 もしくは指定された値が解釈できない場合、 協定標準時 (UTC; Coordinated Universal Time) が使用される。 指定された場合、 filespec はタイムゾーン情報を読み出す tzfile(5) 形式のファイルを指定する。 filespec\(aq/\(aq で始まっていない場合には、 システムタイムゾーンディレクトリからの相対パスで ファイルが指定されたことになる。 コロンが省略された場合には、 上記の TZ の各形式での解釈を試みる。
例を挙げておく。もう一度ニュージーランドの例である。

TZ=":Pacific/Auckland"

環境変数

TZ この変数が設定された場合、 その値がシステムで設定されたタイムゾーンより優先して使用される。
TZDIR この変数が設定された場合、 その値がシステムで設定されたタイムゾーンデータベースのディレクトリパスより優先して使用される。

ファイル

/etc/localtime
システムのタイムゾーンファイル。
/usr/share/zoneinfo/
システムのタイムゾーンデータベースのディレクトリ。
/usr/share/zoneinfo/posixrules
TZ 文字列で dst タイムゾーンが他に何の指定なしで単独で指定された場合、 このファイルが start/end のルールに使用される。 このファイルは tzfile(5) 形式である。 デフォルトでは、 ゾーン情報の Makefile でこのファイルは America/New_York にハードリンクされる。
上記は現在の標準のファイルの場所だが、 glibc のコンパイル時に変更できる。

準拠

SVr4, POSIX.1-2001, 4.3BSD.

注意

daylight 変数は、現在がサマータイムであるかどうかを示しているのではない。 これはいくつかあるアルゴリズムのうちの番号を与える (アルゴリズムについては gettimeofday(2)tz_dsttime 変数を見よ)。 これはもう何年も使われていないが、SUSv2 では必要とされている。
4.3BSD には char *timezone(zone, dst) というルーチンがあり、これは 最初の引数 (UTC からの西向きの分数) に対応するタイムゾーンの名前を返す。 二番目の引数が 0 の場合は標準の名前が用いられ、 それ以外はサマータイム版の名前が用いられる。

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部 である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。
⇧ Top