Linux repositories inspector
GNU
2014-03-18

manpages-ja-dev

Japanese version of the manual pages (for developers)

man-pages-ja

Japanese man (manual) pages from the Japanese Manual Project

manpages-dev

Manual pages about using GNU/Linux for development

man-pages

Linux kernel and C library user-space interface documentation

名前

wcrtomb - ワイド文字 1 つをマルチバイト列に変換する

書式

#include <wchar.h>

size_t wcrtomb(char *s, wchar_t wc, mbstate_t *ps);

説明

この関数が主に使われるのは、s が NULL でなく、 wc がヌルワイド文字 (L\(aq\0\(aq) でない場合である。 この場合には、 wcrtomb() 関数はワイド文字 wc をマルチバイト表 現に変換し、s が指す char 型の配列にこれを格納する。この関数は シフト状態 *ps を更新し、出力されたマルチバイト表現の長さ、すな わち s に書き込まれたバイト数を返す。
別のケースとしては、s は NULL でないが wc がヌルワイド文字 (L\(aq\0\(aq) のことがある。 この場合の wcrtomb() 関数は、*ps を初期状態に戻すのに必 要なシフトシーケンスを s が指す char 型配列に格納し、その後に \(aq\0\(aq を格納する。この関数はシフト状態 *ps を更新し(つまり初期状態に戻 し)、シフトシーケンスの長さに 1 を加えた値を返す。この値は s に 書き込まれたバイト数である。
三番目のケースは、s が NULL の時である。 この場合には wc は無視され、関数の実際の動きとしては
wcrtomb(buf, L\(aq\0\(aq, ps)
が返される。ここで、 buf は内部的な無名バッファーである。
以上のいずれの場合も、ps が NULL ならばシフト状態は用い られず、 wcrtomb() 関数だけが知っている静的な匿名の状態が使われる。

返り値

wcrtomb() 関数は、s が指すバイト列に書き込まれたバイト数、あ るいは書き込まれたであろうバイト数を返す。wc を(現在のロケールに 従って)マルチバイト列で表現できなければ、 (size_t) -1 が返され、 errnoEILSEQ が設定される。

準拠

C99.

注意

wcrtomb() の動作は、現在のロケールの LC_CTYPE カテゴリーに依存する。
ps に NULL を渡した際の動作はマルチスレッドセーフでない。

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部 である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。
⇧ Top