Linux repositories inspector
Linux
2012-08-05

manpages-ja

Japanese version of the manual pages (for users)

man-pages-ja

Japanese man (manual) pages from the Japanese Manual Project

manpages

Manual pages about using a GNU/Linux system

man-pages

Linux kernel and C library user-space interface documentation

名前

dsp56k - DSP56001 のインターフェースデバイス

書式

#include <asm/dsp56k.h>

ssize_t read(int fd, void *data, size_t length); ssize_t write(int fd, void *data, size_t length);
int ioctl(int fd, DSP56K_UPLOAD, struct dsp56k_upload *program); int ioctl(int fd, DSP56K_SET_TX_WSIZE, int wsize); int ioctl(int fd, DSP56K_SET_RX_WSIZE, int wsize); int ioctl(int fd, DSP56K_HOST_FLAGS, struct dsp56k_host_flags *flags); int ioctl(int fd, DSP56K_HOST_CMD, int cmd);

設定

dsp56k デバイスは、メジャー番号 55、マイナー番号 0 の キャラクターデバイスである。

説明

Motorola DSP56001 は、Atari Falcon030 互換のコンピュータで使われている フルプログラマブルな 24 ビットのデジタルシグナルプロセッサーである。 スペシャルファイル dsp56k は、DSP56001 の制御と 双方向ハンドシェイクホストポートでのデータの送受信のために使われる。
データストリームをシグナルプロセッサーに送信するためには、 デバイスに対して write(2) を使うこと。 処理されたデータを受信するためには、 read(2) を使うこと。 ホスト側では、データは 8, 16, 24, 32 ビット単位で送受信できるが、 DSP56001 内では、24 ビット単位で扱われる。
次の ioctl(2) コールが dsp56k デバイスを制御するために使われる。
DSP56K_UPLOAD DSP56001 をリセットし、プログラムをアップロードする。 ioctl(2) の 3 番目の引き数は、 構造体 struct dsp56k_binary へのポインターでなければならない。 構造体のメンバー bin は DSP56001 バイナリプログラムを指し、 構造体のメンバー len は 24 ビットワードで数えた プログラムの長さに設定されていなければならない。
DSP56K_SET_TX_WSIZE 送信ワードサイズを設定する。 設定できる値は 1 〜 4 の範囲で、このバイト数分だけ 1 度に DSP56001 に送信する。 このデータ単位は、DSP56001 本来の 24 ビットデータ形式に合わせるため、 ゼロのバイトで埋められたり、切り詰められたりする。
DSP56K_SET_RX_WSIZE 受信ワードサイズを設定する。 設定できる値は 1 〜 4 の範囲で、 このバイト数分だけ 1 度に DSP56001 から受信する。 このデータ単位は、DSP56001 本来の 24 ビットデータ形式に合わせるため、 切り詰められたり、ヌルバイト (\(aq\0\(aq) で埋められたりする。
DSP56K_HOST_FLAGS ホストフラグを読み書きする。 ホストフラグは、一般的な目的で使うことのできるビットで、 ホストコンピュータと DSP56001 の両方から読むことができる。 ビット 0 と 1 は、ホストによって書き込むことができ、 ビット 2 と 3 は、DSP56001 によって書き込むことができる。
ホストフラグにアクセスするためには、 ioctl(2) の 3 番目の引き数が 構造体 struct dsp56k_host_flags へのポインターでなければならない。 この構造体のメンバー dir のビット 0 または 1 が設定されると、 メンバー out の対応するビットの値がホストフラグに書き込まれる。 すべてのホストフラグの状態は、構造体のメンバー status の 下から 4 ビットとして返される。
DSP56K_HOST_CMD ホストコマンドを送信する。 送信できる値は 0 〜 31 の範囲で、DSP56001 で動作しているプログラムによって 処理されるユーザー定義コマンドである。

ファイル

/dev/dsp56k

関連項目

linux/include/asm-m68k/dsp56k.h, linux/drivers/char/dsp56k.c, DSP56000/DSP56001 Digital Signal Processor User’s Manual

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部 である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。
⇧ Top