Linux repositories inspector
Linux
2012-08-05
Aliases: PF_X25(7)

manpages-ja

Japanese version of the manual pages (for users)

man-pages-ja

Japanese man (manual) pages from the Japanese Manual Project

manpages

Manual pages about using a GNU/Linux system

man-pages

Linux kernel and C library user-space interface documentation

名前

x25 - ITU-T X.25 / ISO-8208 プロトコルインターフェース

書式

#include <sys/socket.h>
#include <linux/x25.h>
x25_socket = socket(AF_X25, SOCK_SEQPACKET, 0);

説明

X25 ソケットは X.25 パケット層プロトコルに対するインターフェースを提供する。 これにより、アプリケーションはパブリックな X.25 データネットワークで 通信することができるようになる。 X.25 は International Telecommunication Union’s recommendation X.25 (X.25 DTE-DCE mode) で標準化されている。 X25 ソケットは、中間層のない X.25 ネットワーク (X.25 DTE-DTE mode) での通信にも用いることができる。 DTE-DTE モードは ISO-8208 に記述されている。
メッセージ境界は保存される。ソケットからの read(2) は、反対側のソケットからの対応する write(2) と同じ大きさのデータを受け取り、出力する。 必要がある場合は、カーネルが長いメッセージの 分割 (segmenting) と再構成 (reassembling) を行う。 これには X.25 の M ビットが用いられる。 メッセージサイズには、ハードコーディングされた上限はない。 しかし、一時的にシステムリソースが足りなかったり、 他の制約 (ソケットメモリーバッファーのサイズ制限など) が 効いてしまうと、長いメッセージの再構成には失敗するかもしれない。 この場合、その X.25 接続はリセットされることになる。

ソケットアドレス

AF_X25 ソケットアドレスファミリーは、ネットワークアドレスを表すために struct sockaddr_x25 を用いる。これは ITU-T recommendation X.121 で定義されている。
struct sockaddr_x25 {
    sa_family_t sx25_family;    /* must be AF_X25 */
    x25_address sx25_addr;      /* X.121 Address */
};
sx25_addr には char 配列 x25_addr[] を含まれる。これは 0 で終端する文字列として解釈される。 sx25_addr.x25_addr[] は 15 個までの ASCII 文字を含むことができ (終端のヌルバイトは含まない)、 これが X.121 アドレスをなす。 10 進の数文字、\(aq0\(aq から \(aq9\(aq までだけが許される。

ソケットオプション

以下の X.25 特有のソケットオプションは、 setsockopt(2) で設定でき、 getsockopt(2) で取得できる。このとき level 引き数には SOL_X25 を指定する。
X25_QBITINCL
X.25 の Q ビット (Qualified データビット) にユーザーがアクセス できるかどうかをコントロールする。整数の引数を取る。 0 にセットすると、 Q ビットは発信パケットには決してセットされず、 受信パケットでは無視される (デフォルト)。 1 にセットすると、ソケットから読む、あるいはソケットに送る メッセージそれぞれに先頭バイトが前置される。 ソケットから読んだデータでは、先頭バイトが 0 だと、 この到着データパケットに対応する Q ビットはセットされていなかったことになる。 先頭バイトが 1 だと、到着データパケットの Q ビットがセットされていたことになる。 ソケットに書き込むデータの先頭バイトが 1 だと、 その発信パケットの Q ビットをセットする。 0 だと、 Q ビットをセットしない。

バージョン

AF_X25 プロトコルファミリーは Linux 2.2 の新機能である。

バグ

X.25 PLP 実装は CONFIG_EXPERIMENTAL なので、たくさんあるだろう。
この man ページは完成していない。
まだアプリケーションプログラマー用のヘッダーファイルがない。 カーネルのヘッダーファイル <linux/x25.h> をインクルードしなければならない。 CONFIG_EXPERIMENTAL なので、将来のバージョンのインターフェースでは バイナリ互換性が失われるかもしれない。
X.25 N-Reset イベントは、まだユーザープロセスに伝播しない。 したがってリセットが起こると、データは通知無しに失われる。

関連項目

socket(2), socket(7)
Jonathan Simon Naylor: \(lqThe Re-Analysis and Re-Implementation of X.25.\(rq The URL is

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部 である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。
⇧ Top