Linux repositories inspector
Nov 6, 2001
Aliases: poweroff(8), poweroff(8), poweroff(8), poweroff(8), poweroff(8), poweroff(8), poweroff(8), poweroff(8), poweroff(8), poweroff(8), poweroff(8), poweroff(8), poweroff(8), poweroff(8), poweroff(8), poweroff(8), poweroff(8), poweroff(8), reboot(8), reboot(8), reboot(8), reboot(8), reboot(8), reboot(8), reboot(8), reboot(8), reboot(8), reboot(8), reboot(8), reboot(8), reboot(8), reboot(8), reboot(8)

manpages-ja

Japanese version of the manual pages (for users)

man-pages-ja

Japanese man (manual) pages from the Japanese Manual Project

systemd-sysv

system and service manager - SysV links

systemd

system and service manager

sysvinit-core

System-V-like init utilities

systemd-sysvcompat

sysvinit compat for systemd

sysvinit

Linux System V Init

shepherd-bins

Shepherd's init binaries

systemd-sysvinit

System V init tools

名前

halt, reboot, poweroff - システムを停止する

書式

/sbin/halt [-n] [-w] [-d] [-f] [-i] [-p] [-h]
/sbin/reboot [-n] [-w] [-d] [-f] [-i]
/sbin/poweroff [-n] [-w] [-d] [-f] [-i] [-h]

説明

haltは、システムの終了を /var/log/wtmp ファイルに記録し、 カーネルにシステムの停止 (halt)、再起動 (reboot)、 電源断 (poweroff) のいずれかを行うよう命令する。 (訳注: reboot, poweroff は halt へのリンクであり、 動作はどの名前で起動したかによって決まる。)
システムのランレベルが 0 または 6 でないときに、 すなわちシステムが通常に動作しているときに haltreboot が呼び出されると、 代わりに shutdown(8) が (-h-r オプションを付けて) 起動される。 詳細は shutdown(8) の man ページを参照のこと。
この man ページではランレベル 0 および 6、 すなわちシステムのシャットダウンスクリプトが動作中の場合 における振舞いを説明する。

オプション

-n 再起動または停止する前に sync しない。
-w 実際には再起動または停止せずに、 wtmpレコード (/var/log/wtmp ファイル) への記録のみを行う。
-d wtmpレコードへの記録を行わない。 -n オプションを指定した場合は、 自動的に -d オプションも付けられる。
-f shutdown(8) を起動せず、強制的に halt または reboot する。
-i 停止または再起動する直前に 全てのネットワークインターフェースを切断する。
-h 停止または再起動する直前にシステムのすべてのハードディスクを standby モードにする。
-p システムを停止する時に、電源を切る。 halt が poweroff という名前で起動された時はこれがデフォルトである。

返り値

スーパーユーザでない人が用いた場合は ‘must be superuser’ というメッセージが表示される。

注意

古い版の sysvinit では、 reboothalt を直接呼び出してはならなかった。 2.74 版からは、システムのランレベルが 0 か 6 でない場合には haltrebootshutdown を起動する。 このため haltreboot が現在のランレベルを認識できない場合 (例えば /var/run/utmp が正しく初期化されていない場合) には shutdown が起動されることになるが、 これは望む動作とは異なるかもしれない。 強制的に haltreboot を実行したい時には -f オプションを使うこと。
-h オプションは停止または電源断の直前にすべてのハードディスクを standby モードにする。 現在ではこの機能は IDE ドライブに対してのみ実装されている。 ハードディスクを standby モードにすると、 副作用としてディスクの write キャッシュがフラッシュされる。 これは IDE ドライブでは重要なことなのである。 カーネル自身は電源断の前に write キャッシュのフラッシュを行わないからである。
halt プログラムはすべての IDE ディスクデバイスを検索するため、 /proc/ide/hd* を用いる。 すなわち haltpoweroff を呼ぶときには /proc がマウントされている必要がある。 さもないと -h オプションは何もしない。

著者

Miquel van Smoorenburg,

関連項目

⇧ Top